販売価格 1,000円 送料510円〜送料表
☆9千円以上で送料無料
(アクセサリー類を除く)
☆平日13時までの代引き
注文は即日発送
・お取り置き可(一ヶ月以内)
ポイント 50ポイント
購入数

このエントリーをはてなブックマークに追加

THE JOHNNY OTIS SHOW ■ WILLIE & THE HAND JIVE / WILLIE DID THE CHA CHA (70's Re-Issue)







 試聴 Listen(実際の商品から録音しています。使用針:Shure M44-7)




ロックンロール時代における最重要人物の一人であり、40〜50年代R&Bのゴッドファザーと呼ばれるほどの超大物として知られる、白人R&Bシンガー、ソングライター、バンドリーダー、マルチな楽器奏者、レーベル・オーナー/ジョニー・オーティスが、1955年にUS CAPITOLレーベルからリリースしたシングルで、全米ポップチャートで最高9位/R&Bチャートで最高5位を記録した彼の代表作品です。

WILLIE & THE HAND JIVE




ジョニー・オーティスが1940年代に演奏していた「Shave and a haircut, six bits」というシンコペーション・リズムの再演で、手の振り付けで踊る“ハンド・ジャイヴ”というスタイルで流行したR&Bダンス・ナンバー!

映画「グリース」ではシャナ・ナ・ナが「Born To Hand Jive」と改作して取り上げていた作品のオリジナル・バージョンで、ロックンロール・ファンの方もマストな一曲です。

Sha Na Na - Born To Hand Jive


◇◇◇

WILLIE DID THE CHA CHA


裏面は1958年にCAPITOLレーベルからリリースされたシングル(4060番)のカップリングで、「Willie & The Hand Jive」をフォローアップした作品です。

「ウィリーがチャ・チャ・チャで踊った」というノヴェルティー感のあるダンスナンバーでありながらも、硬派なR&Bサウンドで、ラテン・リズム〜ジャンプ・サウンドを見事に融合させたR&B・ダンサー!


Information
FormatsConditionOriginal?Music Genre
45rpm/7inchNM/NM/SOL/RIUS Re-IssueR&B
Released YearLabelProducerSongwriter
1970's(1958)CAPITOL/6040------
Chart PositionMatrix NumberKeywordNote
US Pop #9- / R&B #5-S-45-X-1-6040-18745 G-20 / S-45-X-2-6040-19814 G-2050's R&B---


オリジナル・カンパニースリーヴ付き。

盤質はニアミント美品です。


About the Artists

アーティスト【ジョニー・オーティス】
Johnny Otis (born Ioannis Alexandres Veliotes, December 28, 1921 Vallejo, California, U.S. - January 17, 2012 Los Angeles, California, U.S.) 白人R&Bシンガー、ソングライター、バンドリーダー、マルチな楽器奏者、レーベル・オーナー。幼少時代を黒人居住区で過ごした為、ブラックミュージックに強い影響をうける。ティーン期からドラムスを演奏し、高校を中退後に友人と共にザ・ウェスト・オークランド・ハウスロッカーズ(The West Oakland Houserockers)というバンドで1939年頃のオークランド〜バークレイで活動。その後ジャズバンド/ロイド・ハンターズ・セレネーダーズ(Lloyd Hunter's Serenaders)や、ハーラン・レオナルズ・ロケット(Harlan Leonard's Rockets)でも伴奏し、1945年に自身の楽団を結成。そしてSAVOYレーベルより「Harlem Nocturne」等をヒットさせながら、タレントスカウトを行い、アーティストをプロデュースして録音し、興行主も努めている。彼のバンドの初期にはメル・ウォーカー(Mel Walker)、リトル・エスター・フィリップス(Little Esther Phillips)、ザ・ロビンズ(The Robins)、ビッグ・ジェイ・マクニーリー(Big Jay McNeely)らが在籍しており、「Double Crossing Blues」、「Mistrustin' Blues」、「Cupid Boogie」といったヒットも生まれている。また1951年に録音した「Mambo Boogie」は、最初期のR&Bマンボと言われている。1951年にMERCURYレーベルに移籍し、同時期には13歳のエッタ・ジェームス(Etta James)を発掘し、その後プロデュースした「The Wallflower (Roll With Me, Henry)」がナショナルヒットを記録。1952年にテキサス州オースティンに移り、イィリー・メエ・“ビッグ・ママ”・ソーントン(Willie Mae 'Big Mama' Thornton)を発掘し、1953年に録音した「Hound Dog」が大ヒットを記録。また同時期にジョニー・エイス(Johnny Ace)のヒット「Pledging My Love」ではビヴラフォンを演奏した。1952年にFEDERALレーベルのR&Bグループ/ザ・ロイヤルズ(The Royals)に提供した「Every Beat of My Heart」はヒットし、以降R&Bのスタンダードとなっている。1955年頃にはロサンジェルスに戻り、テレビ番組『The Johnny Otis Show』のホストを努めたり、KFOX局のラジオ番組でDJをし、自身のレーベルULTRTA/DIGを発足し、音楽業界に影響力を持つ。1957年にはCAPITOLレーベルより「Willie and the Hand Jive」が特大ヒットしている。1961年にはKINGレーベルに移って自身らでも録音し、ジョジー・“ギター”・ワトソン(Johnny "Guitar" Watson)も手がけている。1969年以降はKENT, COLUMBIAレーベル他に録音があり、死去する2010年代まで現役で活動している。総じて、ロックンロール時代における最重要人物の一人であり、40〜50年代R&Bのゴッドファザーと呼ばれるほどの超大物である。



>>>この商品に関連しそうなレコードを探してみる

販売価格
1,000円(税込)
購入数

You Might Also Like...

1,400円(税込)
3,400円(税込)

お問い合わせお買い物ガイド会員ログインメルマガ特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー