[検索文字]:NEIL SEDAKA [検索結果]:30件 [並び順を変更] ・おすすめ順 価格順 ・新着順
    | 1-30 / 30 |    
1961年。1958年に録音されていた未発表音源のイッシュー盤で、ハワード・グリーンフィールドとの競作によるラヴ・ソングを、ザ・マーヴェルズというグループのコーラスでダイナミックに仕上げたホワイト・ドゥーワップ/ティーン・ポップ・ナンバー!メロディー展開/曲の構成が素晴らしく、未発表作品だったとは思えない高水準な内容の隠れた名作であります。裏面曲はニール・セダカ流の“ツイスト”・インストゥルメンタル・ナンバーです。レーベルにリングウェア。音質は概ね良好です。
800円(税込)


1962年 [VALIANT/6026] (VG(-)/VG(-)/SOL) 全米ポップチャート3位。邦題「悲しき雨音」。リード・ボーカルのジョン・ガモーが作詞作曲をした作品です。恋人と別れた後に後悔の念に駆られる男性が、雨に答えを要求する内容で、結局彼は雨の音色を聞きながら一人で泣く事を求める、という内容の作品です。ペリー・ボトキンJr.のアレンジャーとしての手腕が発揮された60's ポップスの名作です。カバーが多いポピュラーミュージックのスタンダードと言えます。音質は概ね良好です。
800円(税込)


1962年 [VALIANT/6026](VG(-)/VG-/SOL/RW) 全米ポップチャート3位。邦題「悲しき雨音」。リード・ボーカルのジョン・ガモーが作詞作曲をした作品です。恋人と別れた後に後悔の念に駆られる男性が、雨に答えを要求する内容で、結局彼は雨の音色を聞きながら一人で泣く事を求める、という内容の作品です。ペリー・ボトキンJr.のアレンジャーとしての手腕が発揮された60's ポップスの名作です。カバーが多いポピュラーミュージックのスタンダードと言えます。音質は概ね良好です。
1,000円(税込)


1964年 [MUSICOR/1040] (VG+/VG(+)) ビルボード7位。ハワード・グリーンフィールド&ヘレン・ミラーが作詞作曲をした楽曲で、元々はニール・セダカが吹き込む予定でした。バッキングの演奏やトニー・ワインによるコーラスも全て、ニール・セダカのボーカルを想定して作られたものでしたが、ピットニーの声質にもマッチし、バランスの取れた上質なポップスとして完成しました。ストレートなロックンロールに仕上がった60'sポップス・クラシックス!CS付き。盤質は良好です。
1,000円(税込)


1958年 [SWAN/4014](VG(+)/VG(+)/RW/SOL) 全米ポップチャートで最高28位を記録した代表作品です。ロカビリーをベースにしたキャッチーなメロディーを、バンジョー、サックス、コーラスをフィーチャーした軽快な演奏に乗せた50's ロックンロール・クラシックス!ハードなタイプのロックンロールから、ポップなタイプのロックンロールへと移行する過渡期の記録としても重要な名作です。裏面はドゥーワップ・バラード作品です。レーベルにかるいリングウェアとシール。盤質は概ね良好です。
1,000円(税込)


1960年。アル・ネヴィンス&ドン・カーシュナー・プロデュースにより、全米ポップチャートで最高9位を記録した彼の代表作品のひとつです。「オー・キャロル!」をフォローアップし、ハワード・グリーンフィールドと共作した作品で、コーラスやサックス等の音を繊細に折り重ねたアレンジで仕上げた60's ティーン・ポップ・ナンバー!裏面はバリー・マン&ラリー・コルバーが楽曲を提供したバラード作品です。レーベルにシールあり。盤質は概ね良好です。
1,000円(税込)


1958年。全米ポップチャート14位。ニール・セダカ&ハワード・グリーンフィールドの共作によるドゥーワップ・バラードで、日本では邦題を「恋の日記」としても知られる作品です。本来はR&Bグループのリトル・アンソニー&ジ・インペリアルズに提供予定だった作品でしたが、先行発売したこちらが先にヒットし、翌1959年にはジ・インペリアルズのバージョンもENDレーベルに吹き込まれリリースに至っています。裏面はロックンロール調のアップテンポ・ナンバーです。盤質は概ね良好です。
1,200円(税込)


1961年。1958年に録音されていた未発表音源のイッシュー盤で、ハワード・グリーンフィールドとの競作によるラヴ・ソングを、ザ・マーヴェルズというグループのコーラスでダイナミックに仕上げたホワイト・ドゥーワップ/ティーン・ポップ・ナンバー!メロディー展開/曲の構成が素晴らしく、未発表作品だったとは思えない高水準な内容の隠れた名作であります。裏面曲はニール・セダカ流の“ツイスト”・インストゥルメンタル・ナンバーです。レーベルにリングウェア。盤質概ね良好です。
1,200円(税込)


1962年。全米ポップチャート3位。邦題「悲しき雨音」。リード・ボーカルのジョン・ガモーが作詞作曲をしたメランコリックなバラード作品で、恋人と別れた後に後悔の念に駆られる男性が、雨に答えを要求する内容で、結局彼は雨の音色を聞きながら一人で泣く事を求める、という内容の作品です。ペリー・ボトキンJr.のアレンジャーとしての手腕が発揮された60's ポップスの名作です。カバーが多いポピュラーミュージックのスタンダードと言えます。盤質は概ね良好です。
1,200円(税込)


1960年。全米ポップチャート9位。「オー・キャロル!」をフォローアップしたハワード・グリーンフィールドとの共作で、明るくキャッチーなメロディーを、コーラスやサックス等 様々な音をミルフィーユの様に重ねて仕上げたティーン・ポップ・ナンバー!裏面はバリー・マンが楽曲を提供したバラード曲です。レーベルにシールと書き込み。盤質は概ね良好です。
1,200円(税込)


1959年。全米ポップチャートで最高39位/R&Bチャートで最高14位を記録した代表作品です。ニール・セダカ&ハワード・グリーンフィールドが作詞作曲を担当したキャッチーなアップテンポ・ナンバーを、軽快なリズムに乗せて、明るいボーカルで歌い上げるポップR&B・ナンバー!ミリー・スモールがカヴァーしていた作品のオリジナル・バージョンです。盤質は綺麗です。
1,200円(税込)


1964年 [MUSICOR/1040] (VG+/VG+/SOL) ビルボード7位。ハワード・グリーンフィールド&ヘレン・ミラーが作詞作曲をした楽曲で、元々はニール・セダカが吹き込む予定でした。バッキングの演奏やトニー・ワインによるコーラスも全て、ニール・セダカのボーカルを想定して作られたものでしたが、ピットニーの声質にもマッチし、バランスの取れた上質なポップスとして完成しました。ストレートなロックンロールに仕上がった60'sポップス・クラシックス!CS付き。盤質は良好です。
1,200円(税込)


1962年 [RCA VICTOR/47-8086](VG++/VG+/SOL) 全米ポップチャート5位/R&Bチャート19位。ニール・セダカとハワード・グリーンフィールドによって書かれたロック&ポップ・ソングです。前ヒット作の「ブレーキング・アップ・イズ・ハード・トゥ・ドゥ」をフォローアップしたメロディラインの作風ながら、多重録音を用いたコーラスによるアレンジメントが秀逸な名作であります。裏面は1959年に吹き込まれていたバラード曲のカップリングです。盤質は綺麗です。
1,400円(税込)


1963年。アル・ネヴィンス・プロデュースにより、全米ポップチャートで最高17位を記録。ハワード・グリーンフィールドとの共作による、前ヒット作「ネクスト・ドアー・トゥ・エンジェル」のフォローアップで、ウォルト・ディズニーの「不思議な国のアリス」をモチーフにしたキャッチーな作風が光るティーン・ポップ・ナンバー!盤質は綺麗です。
1,400円(税込)


1962年 [RCA VICTOR/47-8046] (VG+/VG(+)) 全米ポップチャート1位。ハワード・グリーンフィールドとニールが共作をした作品で、サビの部分ではニール自身のヴォーカルをドゥーワップ・コーラスとして多重録音した独創的なアレンジメントが光る60's ポップス・クラシックス。コーラスはクッキーズが担当。1970年のレニー・ウェルチによるカバーをベースにした、セダカ自身によるセルフカバーが、1976年に全米ポップチャートで最高8位を記録しています。盤質は良好です。
1,400円(税込)


1960年 [RCA VICTOR/47-7957](VG+/VG+) 全米ポップチャート6位 邦題「すてきな16才」。ハワード・グリーンフィールドとニールが共作をした作品で、「16歳の誕生日」をモチーフにした楽曲を、ストリングスやコーラスを用いたアレンジで煌びやかに飾ったティーン・ポップ・クラシックス!ボビー・ヴィーの「テイク・グッド・ケア・オブ・マイ・ベイビー」と、ザ・シフォンズの「ワン・ファイン・デイ」のメロディーに類似していることで知られています。盤質は良好です。
1,400円(税込)


1962年。全米ポップチャート3位。邦題「悲しき雨音」。リード・ボーカルのジョン・ガモーが作詞作曲をしたメランコリックなバラード作品で、恋人と別れた後に後悔の念に駆られる男性が、雨に答えを要求する内容で、結局彼は雨の音色を聞きながら一人で泣く事を求める、という内容の作品です。ペリー・ボトキンJr.のアレンジャーとしての手腕が発揮された60's ポップスの名作です。カバーが多いポピュラーミュージックのスタンダードと言えます。盤質はほぼ良好です。
1,400円(税込)


1964年 [MUSICOR/1040] (VG++/VG++) ビルボード7位。ハワード・グリーンフィールド&ヘレン・ミラーが作詞作曲をした楽曲で、元々はニール・セダカが吹き込む予定でした。バッキングの演奏やトニー・ワインによるコーラスも全て、ニール・セダカのボーカルを想定して作られたものでしたが、ピットニーの声質にもマッチし、バランスの取れた上質なポップスとして完成しました。ストレートなロックンロールに仕上がった60'sポップス・クラシックス!盤質は綺麗です。
1,400円(税込)


1958年。全米ポップチャート14位。ニール・セダカ&ハワード・グリーンフィールドの共作によるドゥーワップ・バラードで、日本では邦題を「恋の日記」としても知られる作品です。本来はR&Bグループのリトル・アンソニー&ジ・インペリアルズに提供予定だった作品でしたが、先行発売したこちらが先にヒットし、翌1959年にはジ・インペリアルズのバージョンもENDレーベルに吹き込まれリリースに至っています。裏面はロックンロール調のアップテンポ・ナンバーです。CS付き。レーベルにシール。盤質はニアミント美品です。
1,600円(税込)


1962年 セカンド・アルバムのタイトルにもなったベストソングのひとつです。1946年に発表され、ジョー・スタッフォー等で有名になった同名ポピュラーソングのカバーで、ステュ・フィリップスの指揮による豪華オーケストラ・サウンド+女子コーラスに乗せて、清楚なボーカルで軽快に歌いあげるティーン・ポップ・クラシックス。裏面はニール・セダカによる同名作品のカバーで、原作に近いコーラス・アレンジが入るガール・ポップス・2サイダー盤!盤質はニアミント美品です。
1,600円(税込)


1966年。『ニール・セダカ+ロジャー・アトキンス』作による、美しいメロディーとコーラスのソフトロックです。全米ポップ118位のマイナーヒット作。レーベルには擦れとドリルホール有り/盤質は綺麗です。
1,600円(税込)


1962年 [VALIANT/6026](VG+/VG+) 全米ポップチャート3位。邦題「悲しき雨音」。リード・ボーカルのジョン・ガモーが作詞作曲をした作品です。恋人と別れた後に後悔の念に駆られる男性が、雨に答えを要求する内容で、結局彼は雨の音色を聞きながら一人で泣く事を求める、という内容の作品です。ペリー・ボトキンJr.のアレンジャーとしての手腕が発揮された60's ポップスの名作です。カバーが多いポピュラーミュージックのスタンダードと言えます。盤質は良好です。
1,600円(税込)


1961年。1958年に録音されていた未発表音源のイッシュー盤で、ハワード・グリーンフィールドとの競作によるラヴ・ソングを、ザ・マーヴェルズというグループのコーラスでダイナミックに仕上げたホワイト・ドゥーワップ/ティーン・ポップ・ナンバー!メロディー展開/曲の構成が素晴らしく、未発表作品だったとは思えない高水準な内容の隠れた名作であります。裏面曲はニール・セダカ流の“ツイスト”・インストゥルメンタル・ナンバーです。盤質は良好です。
1,600円(税込)


1960年 [RCA VICTOR/47-7709] (NM/NM/WOL) ビルボード9位。1958年のヒット「オー・キャロル!」以来、二年ぶりとなるセダカのヒット曲です。セダカとハワード・グリーンフィールドが書いた曲です。セダカらしい明るくキャッチーなメロディーを、コーラスやサックス等の様々なサウンドを、ミルフィーユの様に丁寧に重ねて仕上げたティーンポップ・クラシックス!裏面はバリー・マンが楽曲を提供した味わい深いバラード曲です。CS付き。盤質はニアミント美品です。
1,800円(税込)


1960年 [RCA VICTOR/47-7957] (NM/NM) 全米ポップチャート6位 邦題「すてきな16才」。ハワード・グリーンフィールドとニールが共作をした作品で、「16歳の誕生日」をモチーフにした楽曲を、ストリングスやコーラスを用いたアレンジで煌びやかに飾ったティーン・ポップ・クラシックス!ボビー・ヴィーの「テイク・グッド・ケア・オブ・マイ・ベイビー」と、ザ・シフォンズの「ワン・ファイン・デイ」のメロディーに類似していることで知られています。CS付き。盤質はニアミント美品です。
1,800円(税込)


1959年 [RCA VICTOR/47-7473](VG++/VG+) 全米ポップチャート42位。ニールとハワード・グリーンフィールドが共作をした「猿人類」モチーフのノヴェルティーソングで、ジェリー・リー・ルイスを彷彿とさせるパンピンピアノで豪快に仕上げた、ニール流の本格派ロックンロール・ナンバー!アネット&ザ・ビーチ・ボーイズによる「ザ・モンキーズ・アンクル」にも繋がる楽曲の雰囲気を持つ作品でもあります。ウィー・ウィリー・ハリスという歌手がカバー。CS付き。盤質は良好です。
1,800円(税込)


1959年 [RCA VICTOR/47-7473](VG++/VG+/SOL) 全米ポップチャート42位。ニールとハワード・グリーンフィールドが共作をした「猿人類」モチーフのノヴェルティーソングで、ジェリー・リー・ルイスを彷彿とさせるパンピンピアノで豪快に仕上げた、ニール流の本格派ロックンロール・ナンバー!アネット&ザ・ビーチ・ボーイズによる「ザ・モンキーズ・アンクル」にも繋がる楽曲の雰囲気を持つ作品でもあります。ウィー・ウィリー・ハリスという歌手がカバー。CS付き。盤質は綺麗です。
1,800円(税込)


1959年 [RCA VICTOR/47-7473](NM/NM) 全米ポップチャート42位。ニールとハワード・グリーンフィールドが共作をした「猿人類」モチーフのノヴェルティーソングで、ジェリー・リー・ルイスを彷彿とさせるパンピンピアノで豪快に仕上げた、ニール流の本格派ロックンロール・ナンバー!アネット&ザ・ビーチ・ボーイズによる「ザ・モンキーズ・アンクル」にも繋がる楽曲の雰囲気を持つ作品でもあります。ウィー・ウィリー・ハリスという歌手がカバー。CS付き。盤質はニアミント美品です。
2,200円(税込)


1963年 [RCA VICTOR/47-8219] (VG++/VG++) 全米ポップチャートで最高7位/カントリー・チャートで最高14位を記録したベストソングのひとつです。ジェリー・ゴフィン&キャロル・キングが作詞作曲を担当した作品で、ニール・セダカの「Breakin' Up Is Hard To Do」に影響を受けた様なキャッチーなメロディーを、女子コーラスのアレンジメントを盛り込んで仕上げた60's ガール・ポップ・クラシックス!裏面は美しいメロディーのバラード作品です。CS付き。盤質は綺麗です。
2,200円(税込)


1963年 1959年にニール・セダカが吹き込んだ同名作品のカバーで、サックス入りのバンドが奏でるR&Bサウンドに乗せて、豪快に歌い散らかすヴォーカルで歌うロックンロール・ナンバー!彼の愛称でもある「英国のロックンロール・ワイルド・マン」を体現した作風で、全体的に黒っぽい雰囲気なのでブラック・ロッカーがお好きな方にもオススメです。裏面はバラード作品です。レーベルにドリルホールあり。盤質は概ね良好です。
3,800円(税込)


    | 1-30 / 30 |    
お問い合わせお買い物ガイド会員ログインメルマガ特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー