販売価格 1,400円 送料510円〜送料表
☆9千円以上で送料無料
(アクセサリー類を除く)
☆平日13時までの代引き
注文は即日発送
・お取り置き可(一ヶ月以内)
ポイント 70ポイント
購入数

このエントリーをはてなブックマークに追加

STEVE ALAIMO ■ LITTLE GIRL / EVERYDAY I HAVE TO CRY







 試聴 Listen(実際の商品から録音しています。使用針:Shure M44-7)




シンガー、ティーン・アイドル、テレビ番組司会者、レーベルオーナー、プロデューサーと多彩な活動で60年代に活躍した事で知られるスティーブ・アレイモが、1962年にUS CHECKERレーベルからリリースしたシングルで、全米ポップチャートで最高46位を記録したベストソングです。

● LITTLE GIRL ●


バート・ラッセルらと競作した作品で、おそらくニューヨーク録音と思われる上質なオーケストラ・サウンドがダンサブルにビートを奏でる60's ブルーアイドR&B・ナンバー!

チャック・ジャクソンあたりのR&Bを意識したであろう、都会的なダイナミックさと洗練が共存する名品です。

◇◇◇

● EVERYDAY I HAVE TO CRY ●


裏面はアーサー・アレキサンダーによって書かれた力作となる2サイダーで、楽曲、編曲共にA面作品としても良い程の作風でお薦めです。

ちなみにアーサー自身は1975年まで録音しませんでした。

[ Every Day I Have to Cry Some - Arthur Alexander ]



Information
FormatsConditionOriginal?Music Genre
45rpm/7inchVG+/VG+/WOL/DHUS OriginalOLDIES/R&R
Released YearLabelProducerSongwriter
1962CHECKER/1032------
Chart PositionMatrix NumberKeywordNote
US Pop #46-11994 T.M0417 / 11993 T.M041660's Pops / Teen / Oldies---


レーベルにドリルホールと書き込みあり。

盤質は良好です。


About the Artist

アーティスト 【スティーヴ・アレイモ】
白人男性ポップ・シンガー、ティーン・アイドル、テレビ番組司会者、レーベルオーナー、プロデューサー。1943年ネブラスカ州オマハ生まれ。50年代後半にインスト・ロックンロール・バンド、ザ・レッドコーツ(The Redcoats)にギタリストとして参加し、1960年にバンド解散後ソロ・シンガーに転向。初期はR&Bを歌っており、1961年にCHECKERレーベルと契約し、「Everyday I Have to Cry Some」や「Mashed Potatoes」をヒットさせている。その後IMPERIAL, ABC PARAMOUNTレーベルにも録音を残し、ABC時代のアルバム『Starring』は「元祖白人SKA」として知られる編曲内容となった。またディック・クラークが司会の人気音楽番組『Where the Action Is』を手がけたプロデューサーとしても有名となった。60年代後半にはATLANTIC/ATCOレーベルやDADEレーベル等で、ソウル・シンガーのプロデュース業も行っている。



>>>この商品に関連しそうなレコードを探してみる

販売価格
1,400円(税込)
購入数
お問い合わせお買い物ガイド会員ログインメルマガ特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー