販売価格 2,600円 送料510円〜送料表
☆9千円以上で送料無料
(アクセサリー類を除く)
☆平日13時までの代引き
注文は即日発送
・お取り置き可(一ヶ月以内)
ポイント 130ポイント
購入数

このエントリーをはてなブックマークに追加

THE RONETTES ■ (The Best Part of) BREAKIN' UP / BIG RED







 試聴 Listen(実際の商品から録音しています。使用針:Shure M44-7)





PHILLESレーベル及び、60年代のガールズポップを代表するニューヨーク出身の黒人ガールズ・ポップ・グループ/ザ・ロネッツが、1964年4月にUS PHILLESレーベルからリリースしたシングルで、フィル・スペクター・プロデュースによる作品です。ビルボードホット100チャートで39位、キャッシュボックスチャート48位、英国シングルチャートで43位を記録しました。この年は、グループが最も成功した年として広く認知されており、米国でグループにとっての3番目となる連続トップ40ヒットとなっています。

● (The Best Part of) BREAKIN' UP ●


フィル・スペクター、ピート・アンドレオーリ、ヴィンス・ポンシアが書いた曲です。ジャック・ニッチェによるアレンジメントで、バッキングコーラスには、エステル・ベネットとネドラ・トーリーに加え、ダーレン・ラヴ&ザ・ブロッサムズ、ボビー・シーン、ソニー&シェールが参加しました。

1964年はブリティッシュインベーションの影響により、1950年代後半から1960年代前半の以前のアメリカ人グループの多くは人気が深刻に低迷していましたが、ロネッツにとっては最高の年となりました。しかし、グループのリードシンガーであるロニー・スペクターによると、プロデューサーのフィル・スペクターは1964年の初めにはロネッツへの熱意を失っていたそうです。

1964年の初めに、フィル・スペクター、ジェフ・バリー、エリー・グリニッジが書いた曲「チャペル・オブ・ラヴ」がロネッツで録音予定でしたが、スペクターが「ヒットするとは思えない」という理由から拒否され、結局「チャペル・オブ・ラヴ」はザ・ディキシー・カップスが録音し、ビルネットのトップ100チャートでナンバー1を記録しました。そして「チャペル・オブ・ラヴ」で失策した後、スペクターはロネッツの「ブレイキン・アップ」の制作にに取り組みました。ロニー・スペクターによると、フィル・スペクターは本作のレコーディングに何日も費やし、特にこの曲に熱心であったそうです。

1968年、ザ・シンボルズによるカバーが英国シングルチャートで25位に達しました。

[ The Best Part of Breaking Up - The Symbols ]


1982年、ロニ・グリフィスによるカバーがダンスチャートで2週間2位に達しました。

[ The Best Part of Breaking Up - Roni Griffith ]


1989年、ザ・デヴィル・ドッグスがデビューアルバムでカバーしました。

[ The Best Part of Breaking Up - The Devil Dogs ]


◇◇◇

● BIG RED ●
裏面はインストゥルメンタル・ジャズです。


Information
FormatsConditionOriginal?Music Genre
45rpm/7inchNM/NM/RWUS OriginalGIRLS
Released YearLabelProducerSongwriter
1963PHILLES/120Phil SpectorPhil Spector, Peter Anders, Vini Poncia
Chart PositionMatrix NumberKeywordNote
US Pop #39- / UK Single #43-RONETTES 15 / BACK SIDE 1060's Pops / Oldies / Wall of Soundアレンジ:Jack Nitsche, エンジニア:Larry Levive


レーベルに擦れあり。

盤質はニアミント美品です。


About the Artist

アーティスト【ザ・ロネッツ】
ガールズ・ポップ・グループ。ヴェロニカ・ベネット(Veronica Bennett:後にロニー・スペクター(Ronnie Spector)に改名) と、彼女の姉妹のエステル・ベネット(Estelle Bennett)と、いとこのネドラ・トーリー(Nedra Talley)ら3人により、1961年頃にニューヨークで結成されたザ・ダーリング・シスターズ(The Darling Sisters)が前身となる。グループ結成後、間もなくザ・ロネッツ名義でCOLPIX, MAYレーベルと契約し、1963年までポップスの名人ステュ・フィリップス制作により数曲の録音を残した。その後に新進気鋭のプロデューサー/フィル・スペクターと出会い、彼が所有したPHILLESレーベルと契約に至る。1963年にリリースされた彼女達の1枚目のシングル「Be My Baby」はナショナルヒットを記録し、続く「Baby, I Love You」や「(The Best Part Of) Breakin' Up」、「Do I Love You?」、「Walking In The Rain」、「Born To Be Together」等を次々にヒットさせ、一躍同レーベルを代表する看板グループとして台頭した。同レーベルでは1966年まで合計8枚のシングルを残している。また、髪の毛を盛り上げた「ビーハイヴヘア」や、目を吊り上げる「アイライン」メイク、そして「タイトスカート」という、不良少女スタイルを売りにし、ファッションリーダーとしても影響力を持った。1960年代のガールグループを象徴する、アイコニックな存在として君臨し続ける名グループである。



>>>この商品に関連しそうなレコードを探してみる

販売価格
2,600円(税込)
購入数
お問い合わせお買い物ガイド会員ログインメルマガ特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー