販売価格 2,200円 送料510円〜送料表
☆9千円以上で送料無料
(アクセサリー類を除く)
☆平日13時までの代引き
注文は即日発送
・お取り置き可(一ヶ月以内)
ポイント 110ポイント
購入数

このエントリーをはてなブックマークに追加

JIMMY REED ■ GO ON TO SCHOOL / YOU GOT ME CRYING







 試聴 Listen(実際の商品から録音しています。使用針:Shure M44-7)




ロックンロール時代におけるシカゴ・ブルースを代表するブルース・シンガー、ギタリスト、ハーピスト/ジミー・リードが、1958年にUS VEE-JAYレーベルからリリースしたシングルです。

● GO ON TO SCHOOL ●


「学校に行く」というティーネイジャーテーマの自作曲で、「スッチャ、スッチャ」という、バックビートを強調したリズムに高音ブロウのハープが入ります。全体的にエルモア・ジェームスの「ダスト・マイ・ブルーム」の影響を感じさせる上質さのある50's シカゴ・ブルース・チューン!

[ Elmore James - Dust my broom ]


◇◇◇

● YOU GOT ME CRYING ●


裏面はレイジーなシャッフルリズムに、ハープソロとボーカルが乗るミディアムスローのブルースです。


<参加ミュージシャンと録音場所+日時>
Chicago, March 12, 1958
Jimmy Reed (vocal, harmonica -1, guitar); Eddie Taylor (guitar); Remo Biondi (guitar); Earl Phillips (drums)


Information
FormatsConditionOriginal?Music Genre
45rpm/7inchVG+/VG+US OriginalR&B
Released YearLabelProducerSongwriter
1958VEE-JAY/275------
Chart PositionMatrix NumberKeywordNote
---58-861 / 58-86260's Chicago Blues---


盤質は良好です。


About the Artists

アーティスト【ジミー・リード】
Mathis James "Jimmy" Reed (September 6, 1925 Dunleith, Mississippi, United States - August 29, 1976 Oakland, California, United States) ブルース・シンガー/ギタリスト/ハーピスト。シカゴ・ブルース。1949年にシカゴに移住し、ジョン・ブリム(John Brim)や、エディー・テイラー(Eddie Taylor)、アルバート・キング(Albert King)らとゲイリー・キング(Gary Kings)というグループを結成して活動し、ウィリー・ジョン・ダンカン(Willie Joe Duncan)らとも演奏。CHESSレーベルのオーディションに不合格となるものの、同じシカゴのVEE-JAYレーベルのオーディションに合格し、1953年に契約。以降同レーベルに1966年まで録音を続け、キャッチーなロッキン・ブルース〜R&B的な作品で、50年代後半〜60年代半ばまで絶大な人気を誇る。ここでは「Baby What You Want Me To Do」、「Big Boss Man」、「Bright Lights, Big City」等、ブルースのスタンダードになった作品も多い。相棒のギタリスト/エディー・テイラーのウォーキング・リズムは後に“ジミー・リード調”とまで呼ばれ、ブルースのひとつの雛形にまでなり、後のブルースや英国ロック勢にも多大な影響を及ぼした。特にイギリスのザ・ローリング・ストーンズの初期作品には、ジミーのカバー曲やジミー・リード調の作品が多く、ジミーは彼らにとってはブルース・アイドルの一人だったといえる。ダウンホームなギターと、高音でブロウするハープ、そして口を半分開けきらないでレイジーに歌うヴォーカル・スタイルも特徴的である。ロックンロール時代においてクロスオーバーな活躍をし、戦後ブルースを代表する一人となった。



>>>この商品に関連しそうなレコードを探してみる

販売価格
2,200円(税込)
購入数
お問い合わせお買い物ガイド会員ログインメルマガ特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー