販売価格 1,000円 送料510円〜送料表
☆9千円以上で送料無料
(アクセサリー類を除く)
☆平日13時までの代引き
注文は即日発送
・お取り置き可(一ヶ月以内)
ポイント 50ポイント
購入数

このエントリーをはてなブックマークに追加

BEN E. KING ■ STAND BY ME / YAKETY YAK by THE COASTERS (Re-Issue,w/PS)







 試聴 Listen(実際の商品から録音しています。使用針:Shure M44-7)




R&Bグループ/ザ・ドリフターズ出身のR&B〜ソウル・シンガー/ベン・E・キングが、1962年にUS ATCOレーベルからリリースした作品の1986年正規リイシューシングルで、ジェリー・リイバー&マイク・ストーラー・プロデュースにより、全米ポップチャートで最高4位/R&Bチャートで最高1位を記録したベンの代表作品です。

STAND BY ME


ゴスペルの歌詞でよく使われた「God is standing by...」の主語を、“神”ではなく、“恋人”に置き換えるという手法で、R&Bにゴスペルを持ち込んだ初期のディープソウルとして重要視される名作中の名作!

さらにはラテンの要素を盛り込んだリズムによるアレンジも見逃せないポイントです。

1974年のジョン・レノンによるカバーや、1986年公開の映画『スタンド・バイ・ミー』のタイトル曲としてもおなじみです。

Stand By Me - John Lennon


"Stand By Me" Trailer (HD)


ちなみに元々はベンが、ドリフターズ時代に書いた作品で、グループでは不採用となったという逸話があります。

ローリングストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では121位に選定されています。

◇◇◇

YAKETY YAK by THE COASTERS


裏面も映画『スタンド・バイ・ミー』挿入曲のカップリングです。

ノヴェルティーな音楽性と技巧的なコーラス・スタイルを武器に多くのヒット曲を放ち、ロックンロール時代を代表する存在として知られる様になった名R&Bグループ/ザ・コースターズが、1959年にUS ATCOレーベルからリリースした作品で、ジェリー・リーバー&マイク・ストーラー・プロデュースにより、全米ポップチャートで最高1位/R&Bチャートで7週連続7位を記録したグループの代表作品です。

ディキシーランド・ジャズをベースにしたアップビートに乗せたコミカルなロックンロールを、ノヴェルティー感覚満載のコーラスで迫力満点にハモるブラック・ロックンロール/ドゥーワップ・クラシックス!

キング・カーティス(ts)演奏によるニューヨーク録音作品です。


Information
FormatsConditionOriginal?Music Genre
45rpm/7inchNM/NM/RIUS Re-IssueR&B
Released YearLabelProducerSongwriter
1986(1962&1959)ATLANTIC/89361------
Chart PositionMatrix NumberKeywordNote
US Pop #11- / R&B #2 (4 Weeks)ST A 50220-1 / ST A 50241-160's R&B / Early Soul---


オリジナル・ピクチャースリーヴ付き(保存状態は良好です)。

盤質はニアミント美品です。


About the Artists

アーティスト【ベン・E・キング】
Benjamin Earl King (born September 28, 1938 Henderson, North Carolina - April 30, 2015) R&B〜ソウル・シンガー。初期の頃にはザ・ファイヴ・クラウンズ(The Five Crowns)というR&Bグループに在籍して活動。1958年にザ・ドリフターズのマネージャーであるジョージ・トレードウェル(George Treadwell)はメンバー全員をクビにしたが、その後にアポロシアターでのライヴがブッキングされており、苦肉の策としてザ・ファイヴ・クラウンズをザ・ドリフターズに見立ててアポロへ出演させる。この時から第3期のザ・ドリフターズ(通称ザ・ニュー・ドリフターズ)が始まっており、彼らはそのまま“ザ・ドリフターズ”としてATLANTICレーベルとの契約に至る。そこではベン・E・キングがリードを努めた「Save the Last Dance for Me」、「This Magic Moment」、「I Count the Tears」といったヒットを連発しており、ザ・ドリフターズの長い歴史の中に輝かしい功績と名曲の数々を残す事となった。1960年にベン・E・キングはザ・ドリフターズを脱退し、ソロシンガーとなってATCOレーベルに移籍する。そして「Spanish Harlem」、「Stand By Me」といった不屈の名曲を残しソロでも成功を収めていく。熱っぽいヴォーカル・スタイルで、R&Bからソウルを築いた重要人物の一人である。

アーティスト【ザ・コースターズ】
R&B・グループ。ドゥーワップ〜ロックンロール。1945年にロサンジェルスにて結成された The Robins が母体で、1955年にメンバーが枝分かれして ザ・コースターズ を結成(本体のロビンズ自体もコースターズと平行して1960年頃まで活動)。ウィリー・メェ“ビッグ・ママ”ソーントンの"Hound Dog"で知られる様になっていたプロデューサー ジェリー・リーバー + マイク・ストーラー コンビは、1953年に自身らのレーベル<Spark>を設立。彼らはそれ以前に楽曲を提供していて交流があった、<RCA Victor>在籍のグループ The Robins を自身らのレーベルに招き入れます。1955年後半に<Spark>からリリースした"Smokey Joe's Cafe"はすぐに話題となり、アトランティック傍系の<Atco>にマスターを売却し、全米にディストリビュートされてナショナル・ヒットを記録。このレーベル移籍がきっかけで、グループはロサンジェルスからニューヨークへの移住にチャンスを見出し、移住賛成派と反対派でメンバー構成が分かれ、ニューヨーク派の新生 ザ・コースターズ と、ロサンジェルス派の ザ・ロビンズ ふたつのグループが並び立つ事となる。以降 ザ・コースターズ は同<Atco>レーベルにおいて"Down in Mexico", "One Kiss Led to Another", "Young Blood", "Searchin'", "Idol with the Golden Head", "Yakety Yak", "Charlie Brown", "Along Came Jones", "Poison Ivy", "I'm a Hog For You", "Run Red Run", "What About Us", "Besame Mucho", "Wake Me, Shake Me", "Shoppin' for Clothes", "Wait a Minute", "Little Egypt (Ying-Yang)", "Girls Girls Girls (Part II)", "T'ain't Nothin' To Me" といったヒットを1964年頃まで連発する大物グループとなり、ロックンロール時代を代表する名R&Bグループとなります。ティーンの日常を描写したコミカルな楽曲をノヴェルティー感たっぷりに歌い、技巧を凝らしたコーラスでワイルドに味付けした芸風で、ロックンロールの新たなスタイルを確立した。他<King><Date>レーベルにも録音があり、1971年に"Love Potion Number Nine"、1994年に"Sorry But I'm Gonna Have To Pass"がヒットしています。メンバーチェンジをしながら、2010年代も現役活動中のベテラン・グループです。



>>>この商品に関連しそうなレコードを探してみる

販売価格
1,000円(税込)
購入数

You Might Also Like...


お問い合わせお買い物ガイド会員ログインメルマガ特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー