販売価格 2,200円 送料510円〜送料表
☆9千円以上で送料無料
(アクセサリー類を除く)
☆平日13時までの代引き
注文は即日発送
・お取り置き可(一ヶ月以内)
ポイント 110ポイント
購入数

このエントリーをはてなブックマークに追加

THE BEATLES ■ NOWHERE MAN / WHAT GOES ON (w/PS)







 試聴 Listen(実際の商品から録音しています。使用針:Shure M44-7)




20世紀の音楽史に残るイギリス出身の伝説のロック・バンド/ザ・ビートルズが、1966年2月にUS CAPITOLレーベルからリリースしたシングルで、元々は英国内で1965年12月にアルバム『ラバー・ソウル』でリリースされた曲です。米国ではアルバム『イエスタデイ&トゥデイ』に収録されています。ビルボード・ホット100チャートで最高3位、カナダのRPM100チャートで1位を記録しています。この歌は後に映画『イエロー・サブマリン』にも登場しています。

● NOWHERE MAN ●






歌はジョン・レノンによって書かれ、レノン=マッカートニーでクレジットされました。

1965年10月21日と22日に録音された「ナウヒア・マン」は、ロマンスや愛とはまったく関係のないビートルズの最初の曲の1つであり、ジョン・レノンの哲学指向の作詞作曲の顕著な例として知られています。ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリソンが3部構成で歌を歌います。リードギターのソロは、ハリソンとレノンによって同時に演奏されました。ギターの二人は、トラック上で同じ「ソニックブルー」色のフェンダーストラトキャスターを使用しています。

ジョン・レノンの視座に根ざした深みのある歌詞により、これまでのザ・ビートルズ作品からの転換点となったとされる名作です。

◇◇◇

● WHAT GOES ON ●


裏面も1965年のアルバム『ラバー・ソウル』に収録されていた作品で、米国では両A面シングルとしてリリースされました。ビルボード・トップ100チャートで81位に達しています。

曲のオリジナルバージョンは、ジョン・レノンによって書かれたにクオリーメン時代の作品で、初期バージョンは「プリーズ・プリーズ・ミー」のフォローアップと見なされており、ビートルズは1963年3月5日にレコーディングする事を望んでいましたが、レコーディングには至りませんでした。

[ The Beatles - What Goes On - 1963 John Lennon Demo (Excerpt) ]


カール・パーキンスをイミテートした様なカントリー&ウエスタン風味のストレートなロックンロール・ナンバー!

両曲共にイギリスではシングルカットされておらず、イギリス本国ではチャートインはしておりません。


Information
FormatsConditionOriginal?Music Genre
45rpm/7inchNM/NMUS Original60's Rock/UK
Released YearLabelProducerSongwriter
1965CAPITOL/5587George MartinJohn Lennon, Paul McCartney
Chart PositionMatrix NumberKeywordNote
A: US Pop #3- | B: US Pop #81-45406-PLOP / 45407-PLOP60's Rock / British Invation---


オリジナル・ピクチャースリーヴ付き(リングウェアと開口部分に傷みあり)。

盤質はニアミント美品です。


About the Artists

アーティスト【ザ・ビートルズ】
ロック・グループ。1957年3月、クオーリー・バンク・スクールに通う16歳のジョン・レノンが結成したスキッフル・グループ/ザ・ブラックジャックス(The Blackjacks)〜ザ・クオーリーメン(The Quarrymen)が前身となる。同年7月、15歳のポール・マッカートニーがギタリストとして参加。1958年2月、ポールの友人だった14歳のジョージ・ハリソンをジョンがオーディションし、数ヵ月後にジョージはリード・シンガーとしてグループに参加。1959年1月、友人が抜けてギタリスト3人トリオとなった彼らはジョニー&ザ・ムーンドッグス(Johnny & the Moondogs)を名乗りロックンロールを演奏。1960年、ジョンが通っていたリヴァプール・カレッジ・オブ・アートの友人スチュアート・サトクリフがベーシストとしてグループに参加。同年5月頃、スチュの提案でグループ名を The Beatles として活動。そしてリヴァプール出身の歌手 ジョニー・ジェントル のバッキングとしてスコットランド等をツアーで遠征し、同年7月より約一ヶ月の間は The Silver Beatles として活動。同年8月、ドラマーに恵まれなかった彼らは、当時の臨時マネージャー/アラン・ウィリアムスが手配したドイツ・ハンブルク公演のために、ピート・ベストを迎え入れて5人編成となり、その後約2年間はハンブルグを中心に活動。1961年1月、スチュアートは絵描きに専念する為、グループからの脱退を決意し、ポールがベーシストとなる。そして当時交流のあったドイツの音楽プロデューサー/ベルト・ケンプフェルトの提案で、歌手トニー・シェリダンのバックを努める。1961年6月に録音された「My Bonnie」はトニー・シェリダン&ザ・ビート・ブラザーズ(Tony Sheridan & The Beat Brothers)名義でリリースされヒットした。ハンブルグでの人気を確立した彼らはその後再びリヴァプールに戻り演奏。同年11月にキャヴァーン・クラブにて、レコード屋店主で音楽評論家の ブライアン・エプスタイン と出会い、1962年1月にブライアンは彼らのマネージャーとなる。同年2月にDECCAレーベルのオーディションをうけるものの「ギター・グループは落ち目だ」という理由から不合格となったが、マネージャーのブライアンがEMIレーベルの音楽プロデューサー/ジョージ・マーティンとの交渉に成功し、同年6月に彼らはPARLOPHONEレーベルと契約する。6月6日には早速、アビーロードスタジオでの初セッションが行われたが、「ドラマーがヘタだ」という理由で、同年8月にロリー・ストーム&ザ・ハリケーンズ(Rory Storm and the Hurricanes)出身のドラマー/リンゴ・スターが新たにメンバーとして加入。それでもその時のセッションはジョージ・マーティンは気に入らず、スコットランド出身のセッション・ミュージシャン/アンディー・ホワイトのドラムスを起用し、「Love Me Do」と「P.S. I Love You」を録音した。同年8月にリリースされた彼らのファースト・シングル「Love Me Do」は全英シングルチャートで最高17位を記録する大ヒットとなり、その後テレビにも出演。マネージャーのブライアンの提案により、髪の毛は下ろし、揃いのスーツを着て、ステージでは悪態をつかず禁煙もし、演奏が終わればお辞儀をする…等々、クリーンな印象を持つバンドとしての売り込みにも成功しました。以降は解散を迎える1970年まで第一線で活躍し、ロック史/歴史に残る伝説のバンドとして君臨している。



>>>この商品に関連しそうなレコードを探してみる

販売価格
2,200円(税込)
購入数

You Might Also Like...


お問い合わせお買い物ガイド会員ログインメルマガ特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー