販売価格 300円 送料510円〜送料表
☆9千円以上で送料無料
(アクセサリー類を除く)
☆平日13時までの代引き
注文は即日発送
・お取り置き可(一ヶ月以内)
ポイント 15ポイント
購入数

このエントリーをはてなブックマークに追加

JOE TEX ■ SHOW ME / HOLD WHAT YOU'VE GOT (COLLECTABLES Label Re-Issue)







 試聴 Listen(実際の商品から録音しています。使用針:Shure M44-7)




50年代から大小様々なレーベルに吹き込みを残して活動し、1964年の大ヒット「ホールド・ワット・ユーヴ・ゴット」で一躍有名になったR&B〜ソウル・シンガー/ジョー・テックスが、1967年にUS DIALレーベルからリリースした作品のCOLLECTABLESレーベルリイシューです。バディー・キレン・プロデュースによる作品で、ビルボードホット100チャートで35位、R&Bチャートで24位を記録しました。アルバムタイトルにもなりました。

● SHOW ME ●




ナッシュヴィルにあるコロンビア・レコーディングスタジオで録音された重厚なR&Bサウンドに乗せて、渋みを増したボーカルで豪快に歌い上げる60's サザンソウル・クラシックス!

◇◇◇

● HOLD WHAT YOU'VE GOT ●




裏面は1964年にヒットした作品のカップリングで、こちらはビルボードホット100チャートで5位、R&Bチャートで2位、キャッシュボックスのR&Bチャートで1位を記録しました。

ジョー自作によるバラード曲を、アラバマ・マッスルショールズにあるフェイム・レコーディングスタジオ録音による重量感のあるR&Bサウンドに乗せて、語りを交えながら情感豊かに歌い上げるサザンソウル・クラシックス・2サイダーです。

歌のリフレインの間にある語り部分では、最初に男性、次に女性に対し、「愛する人をサポートし続け、それをお互いに当然の事と思わないように」と朗読した事で有名になりました。


<参加ミュージシャンと録音場所+日時>

Joe Tex [Show Me]
Emile Hall, Leroy Monroe, trumpet; Anthony Dorsey, Norman "Sly" Sellers, trombone; Charles Farley, tenor sax; unknown, 4 saxes, piano, organ; Lee Royal Hadley, guitar; unknown, electric bass; Clyde Williams, drums; Joe Tex, vocals; unknown, 3 female voice.
Columbia Studios, Nashville, TN, February 1, 1967

Joe Tex [Hold What You've Got]
Eddie Williams, tenor sax; Mack Williams, baritone sax; Ronnie ???, piano, organ; Lee Royal Hadley, guitar; Warren Jones, bass; Clarence Hadley, electric bass; Clyde Williams, drums; Joe Tex, vocals.
Muscle Shoals, AL, November 6, 1964


Information
FormatsConditionOriginal?Music Genre
45rpm/7inchNM/NMUS Re-IssueSOUL
Released YearLabelProducerSongwriter
1990's(1967&1964)COLLECTABLES/3383Buddy Killen---
Chart PositionMatrix NumberKeywordNote
A:US Pop #35- / R&B #24- | B:US Pop #5- / R&B #2-COL-3383-B / COL-3383-A60's Soul---


オリジナル・カンパニースリーヴ付き。

盤質はニアミント美品です。


About the Artists

アーティスト【ジョー・テックス】
Joseph Arrington, Jr. (August 8, 1935 Rogers, Texas, US - August 13, 1982 Navasota, Texas, US) R&B〜ソウル シンガー。サザン・ソウル。1954年にデビューし、KING, ACE, ANNA, CHACKER等のレーベルに多数の録音を残す。1961年にDIALレーベルと契約し、ナッシュヴィルのプロデューサー/バディー・キレンのプロデュースの下、アラバマ州マッスルショールズのFAMEレコーディングスタジオで録音し、1965年に「Hold What You've Got」がナショナルヒットを記録した。以降はソウルスターの仲間入りをし、「A Woman Can Change A Man」、「I Want To (Do Everything For You)」、「A Sweet Woman Like You」、「Skinny Legs And All」、「A Mother's Prayer」、「Under Your Powerful Love」、「Ain't Gonna Bump No More (With No Big Fat Woman)」等のヒットを1979年頃まで連発していく。しわがれたヴォーカルでシャウトするジャンプ・ナンバーから、情感豊かなバラード表現までを歌いこなし、味のあるヴォーカル・スタイルや、コミカルなヴォーカル・スタイルはラップ・ミュージックのルーツになったともいわれている。またジェームス・ブラウンとは「元祖ファンキーソウル争い」でライバル関係にあったが、録音されたレコードを聴く限りでは、ジョー・テックスの方がソウル歌手としては先行していた印象がある。



>>>この商品に関連しそうなレコードを探してみる

販売価格
300円(税込)
購入数
お問い合わせお買い物ガイド会員ログインメルマガ特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー