販売価格 2,200円 送料510円〜送料表
☆9千円以上で送料無料
(アクセサリー類を除く)
☆平日13時までの代引き
注文は即日発送
・お取り置き可(一ヶ月以内)
ポイント 110ポイント
購入数

このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLIE MABON ■ I'M THE FIXER / TOO HOT TO HANDLE







 試聴 Listen(実際の商品から録音しています。使用針:Shure M44-7)




ブルース古典曲「セヴンス・ソン」のオリジネーターとしても知られるシカゴ・ブルース・シンガー、ピアニスト、ハーピスト/ウィリー・メーボンが、1964年にUS USAレーベルからリリースしたシングルです。

I'M THE FIXER


ウィリー・ディクソンとの共作による作品で、シンプルながらに重厚感のあるバンドの演奏をバックに、自身のピアノの演奏+味のあるヴォーカルで仕上げた60's シカゴ・ブルース・クラシックス!

1965年にUK SUE/WI-382でシングル・リリースされており、オリジナル・モッズが愛聴したブルースとしても知られる一曲であります。その経緯で2004年にリリースされたUK ACEレーベル編集によるV.Aコンピレーションアルバム『Sue's Rock'N'Blues - the UK Sue Story Vol. 2』に収録。

◇◇◇

TOO HOT TO HANDLE


裏面はエディー・ノアックが1953年に吹き込んだカントリー作品のカバーで、軽快に跳ねるR&Bダンスナンバーとして仕上げられた良好2サイダー盤!

Eddie Noack Too Hot To Handle TNT 110



Information
FormatsConditionOriginal?Music Genre
45rpm/7inchNM/NMUS OriginalR&B
Released YearLabelProducerSongwriter
1964USA/741------
Chart PositionMatrix NumberKeywordNote
---USA785 J.M 0612 / USA786 J.M 061160's Chicago Blues---


盤質はニアミント美品です。


About the Artists

アーティスト【ウィリー・メイボン】
ブルース・シンガー、ピアニスト、ハーピスト。シカゴ・ブルース。1925年テネシー州ハリウッド生まれで、1985年に死去。本名 Willie James Mabon 。1942年にシカゴに移り、自身のグループ/ザ・ブルース・ロッカーズ(The Blues Rockers)を結成し活動。1949年にCHESSの前身となるARISTOCRATレーベルに初録音し、その後CHESSレーベルのアーティストとなる。ピアノやサックスを前面に押し出したジャジーでクールなサウンドはシカゴ・ブルース全体にも影響を及ぼした。「I Don't Know」、「I'm Mad」、「Poison Ivy」が代表作品として知られている。また1955年の「Seventh Son」はロックのスタンダードとなり、ジョニー・リヴァースやジョージィ・フェイムらにも取り上げられている。ほかUSA, FORMALレーベルにも録音があり、この時期の作品はUK SUEレーベルのカタログの中で3枚分も選曲されており、選者のガイ・スティーヴンスが贔屓にしていた事が伺えるブルース・マンである。



>>>この商品に関連しそうなレコードを探してみる

販売価格
2,200円(税込)
購入数

You Might Also Like...

2,400円(税込)

お問い合わせお買い物ガイド会員ログインメルマガ特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー