販売価格 19,800円 送料510円〜送料表
☆9千円以上で送料無料
(アクセサリー類を除く)
☆平日13時までの代引き
注文は即日発送
・お取り置き可(一ヶ月以内)
ポイント 990ポイント
購入数

このエントリーをはてなブックマークに追加

J. J. JACKSON & THE JACKAELS ■ OO-MA-LIDDI / LET THE SHOW BEGIN (PRELUDE Label)







 試聴 Listen(実際の商品から録音しています。使用針:Shure M44-7)




イギリスのロック・バンド=ザ・プリティー・シングスに「カム・シー・ミー」を作曲提供した事でも知られるニューヨーク州ブロンクス出身のR&B・シンガー、ソングライター/J.J.ジャクスンが、1961年にUS PRELUDEレーベルからリリースしたシングルです。

● OO-MA-LIDDIN ●


ダンスビートに焦点をあてたノヴェルティーソングながら、小気味の良いバックビートに力のこもった演奏、そしてソウリッシュなヴォーカルが一体となった60's R&B・ナンバー!

UK KENTレーベル編集によるV.Aコンピレーションアルバム『New Breed Blues With Black Popcorn』に収録され公式に(?)認定されたニューブリードR&Bである他、ピッツバーグのカルト・オールディーズDJ/マッド・マイクのフェイバリット曲としても知られており、彼が愛した作品を集めたV.Aコンピレーションアルバム『More Mad Mike Moldies Volume 4』や『Mad Mike Monsters Vol.3』(NORTON)にも収録されています。

またザ・クランプスのラックス&ポイズン・アイヴィーのフェイバリット曲としても挙げられており、彼/彼女のジュークボックスに選曲されていた作品を集めたV.Aコンピレーションアアルバム『Lux And Ivy's Good For Nothin' Tunes: The Wild, The Weird And The Wang Dang Doodlin'』にも収録。さらにはザ・クランプスでも本作をカバーしており、そちらは1983年10月にカナダ・トロントで行われたLIVE録音で聴く事が出来ます(↓)。それもあり、クランプスの元ネタ集として知られる『Songs The Cramps Taught Us Vol.2』にも収められた一曲です。

[ The Cramps- Oo Ma Liddi ]


◇◇◇

● LET THE SHOW BEGIN ●


裏面は泣きのメロディーが印象的なマイナーキーのミッドテンポ・ナンバーで、こちらはベルジアン・ポップコーンがお好きな方にオススメのパーフェクト・2サイダー!!


Information
FormatsConditionOriginal?Music Genre
45rpm/7inchNM/NMUS OriginalR&B
Released YearLabelProducerSongwriter
1961PRELUDE/502------
Chart PositionMatrix NumberKeywordNote
---CDS JJ3 R851 / CDS JJ4 R85260's R&B---


盤質はニアミント美品です。


About the Artists

アーティスト【J.J.ジャクスン】
R&B・シンガー、ソングライター。1941年ニューヨーク州ブロンクス生まれ。本名 Jerome Louis "J.J." Jackson 。録音は1963年頃にPRELUDEというレーベルにあり、その後1966年にCALLAレーベルに録音した「But It's All Right」がナショナルヒットし有名になっている。またイギリスのザ・プリティー・シングスが取り上げた「Come See Me」のオリジネーターとしても知られる。



>>>この商品に関連しそうなレコードを探してみる

販売価格
19,800円(税込)
購入数
お問い合わせお買い物ガイド会員ログインメルマガ特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー