販売価格 2,200円 送料510円〜送料表
☆9千円以上で送料無料
(アクセサリー類を除く)
☆平日13時までの代引き
注文は即日発送
・お取り置き可(一ヶ月以内)
ポイント 110ポイント
購入数

このエントリーをはてなブックマークに追加

JACKIE WILSON ■ BABY WORKOUT / I'M GOING CRAZY (Promo)







 試聴 Listen(実際の商品から録音しています。使用針:Shure M44-7)





サム・クック、ジェームス・ブラウンと並び、USソウル史における最重要人物といわれる重要R&B〜ソウル・シンガー/ジャッキー・ウィルソンが、1963年3月にUS BRUNSWICKレーベルからリリースしたシングルで、ビルボードホット100チャートで5位、R&Bチャートで3週連続1位を記録したヒット作品です。

● BABY WORKOUT ●








ウィルソンが元々在籍していたザ・ミッドナイターズ時代の旧友アロンゾ・タッカー(Alonzo Tucker)との共作した作品で、女の子に一晩中踊ろう(ワークアウト=運動する)と促す内容です。

ベルフォード・“シンキー”・ヘンドリックスが編曲を担当しており、サム・クックの「ツイスティン・ザ・ナイト・アウェイ」('62-)をオマージュした様なジャジーなダンス作品に仕上がっています。

「ツイスト」他のダンスものブームに後続した作品で、ダンス名を冠らずとも、エキサイトした歌唱と全体のビートでパーフェクトなダンス曲となったR&Bクラシックス!

1990年にジョージ・ベンソンが曲をカバーし、シングルとしてもリリースされました。

[ George Benson - Baby Workout ]


◇◇◇

● I'M GOING CRAZY ●


裏面はアロンゾ・タッカーとの共作によるバラードです。


Information
FormatsConditionOriginal?Music Genre
45rpm/7inchVG(+)/VG(+)/WOL/RW/DJUS OriginalR&B
Released YearLabelProducerSongwriter
1963BRUNSWICK/55239------
Chart PositionMatrix NumberKeywordNote
US Pop #5- / R&B #1 (3 Weeks)45 112951 2 / 45 112952 660's R&B---


珍しいイエロー・レーベル・プロモ盤。

オリジナル・カンパニースリーヴ付き。

レーベルにかるい擦れと書き込みあり。

盤質は概ね良好です。


About the Artist

アーティスト【ジャッキー・ウィルソン】
Jack Leroy "Jackie" Wilson, Jr. (June 9, 1934 Detroit, Michigan, U.S. - January 21, 1984 Mount Holly, New Jersey, U.S.) R&B〜ソウル・シンガー、ソングライター。サム・クック、ジェームス・ブラウンと並び「3大ソウル」と称される超大御所。また「Mr. エキサイトメント」や「ザ・ブラック・エルヴィス」といった愛称でも親しまれた。16歳の時にアマチュア・ボクサーとして活動。その後ボクシングから音楽に興味が変わり、地元のクラブでソロで歌った後に、リーヴァイ・スタブスらと共にR&Bグループ/ザ・ファルコンズ(The Falcons)(有名な同名グループとは別)を結成して活動。間もなくジョニー・オーティスに見出され、ザ・ミッドナイターズの前身となるR&Bグループ/ザ・スリラーズ(The Thrillers)にメンバーとして参加。その後もデトロイトのクラブを中心に活動し、1953年にはクライド・マクファッターの後釜としてR&Bグループ/ザ・ドミノス(The Dominoes)に正式に参加。1957年にソロ歌手へと転向しBRUNSWICKレーベルと契約を交わす。初期作品のヒットとなる「Reet Petite」、「To Be Loved」、「I'm Wanderin'」、「We Have Love」、「That's Why (I Love You So)」、「I'll Be Satisfied」、「Lonely Teardrops」等は、モータウン設立前のベリー・ゴーディーJr.(とビリー・ディヴィス)が楽曲を提供しており、ソウル・ミュージックのルーツとしても重要視されている。その後も同レーベルにおいて「Doggin' Around」、「Night」、「Baby Workout」、「No Pity (In The Naked City)」、「I'm So Lonely」、「Alone At Last」、「My Empty Arms」といった数々のヒット曲を発表した。1964-1966年の間はレコードの売れ行きが低迷し始め、カウント・ベイシーや、リンダ・ホプキンスとのコラボ企画で凌ぐ。1966年にはシカゴ・ソウルのカール・デイヴィスをプロデューサーに迎え、「Whispers (Gettin' Louder)」と、「(Your Love Keeps Lifting Me) Higher and Higher」が全国的に大ヒットし、続く「I Get the Sweetest Feeling」もヒットした。ロイ・ブラウンに影響をうけたジャンプ・ブルース・シャウター系のヴォーカルをルーツに、さらにそれにオペラ的な洗練されたテクニックを融合させ、独自のダイナミックなスタイルを確立。そのスタイルの影響は、メアリー・ウェルズやチャック・ジャクソンといったR&Bシンガーにもみられる。1984年にディック・クラーク主催のショウ「Dick Clark's Good Ol' Rock and Roll Revue」に出演中、舞台上で心臓発作が原因で倒れ49歳の若さで死去。



>>>この商品に関連しそうなレコードを探してみる

販売価格
2,200円(税込)
購入数
お問い合わせお買い物ガイド会員ログインメルマガ特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー