販売価格 1,200円 送料510円〜送料表
☆9千円以上で送料無料
(アクセサリー類を除く)
☆平日13時までの代引き
注文は即日発送
・お取り置き可(一ヶ月以内)
ポイント 60ポイント
購入数

このエントリーをはてなブックマークに追加

THE EVERLY BROTHERS ■ WAKE UP LITTLE SUSIE / MAYBE TOMORROW







 試聴 Listen(実際の商品から録音しています。使用針:Shure M44-7)





50年代のロックンロール期から、60年代のポップ時代まで、多くのヒットを放ち、ザ・ビートルズや、ザ・ホリーズ他のロック・ミュージックにも多大な影響を与えた名兄弟ロックンロール・デュオ/ジ・エヴァリー・ブラザーズが、1957年にUS CADENCEレーベルからリリースしたシングルで、ビルボードホット100チャートで4週連続で1位、カントリーチャート1位、英国シングルチャートで2位を記録しました。ローリングストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」で318位に選定されています。

● WAKE UP LITTLE SUSIE ●




フェリス&ブードロー・ブライアントが作詞作曲をした疾走感のある楽曲を、軽快なフォークギターのリズムに乗せた50's ロックンロール・クラシックス!

高校生男子の視点から彼の彼女であるスージーについて書かれています。2人はデートで映画館(おそらくドライブイン)に出かけましたが、映画の最中に眠ってしまいます。彼/彼女は午後10時の門限があるにも関わらず、その後朝の4時まで起きませんでした。そこで彼/彼女は、その事に対する両親や友人らの反応について熟考します。

1986年、ドン・エバリーへのインタビュー記事によると、当時は未成年者の外泊を示唆する歌詞と見なされた為、ボストンのラジオ局ではオンエアが禁止されたそうです。

◇◇◇

● MAYBE TOMORROW ●


裏面は兄弟自作によるオリジナルのバラードです。


Information
FormatsConditionOriginal?Music Genre
45rpm/7inchVG+/VG+US OriginalOldies
Released YearLabelProducerSongwriter
1957CADENCE/1337---Boudleaux & Felice Bryant
Chart PositionMatrix NumberKeywordNote
US Pop #1- (4 Weeks)45-26734-A / 45-26733-B50's Pop / Oldies---


盤質は良好です。


About the Artist

アーティスト【ジ・エヴァリー・ブラザーズ】
ロックンロール・ヴォーカル&ギター・デュオ。アイオワ州シェナンドア出身の兄弟アイザック・ドナルド・エヴァリー(Isaac Donald Everly:1937年生まれ)と、フィル・エヴァリー(Phillip Everly:1939年生まれで、2014年に死去)によるデュオ。1956年にチェット・アトキンスのアレンジメントで録音した作品がCOLUMBIAレーベルからリリースされる。そして間もなくアーチー・ブライヤーのCADENCEレーベルと契約し、そこではカントリー・ミュージックをルーツに、ツイン・アコースティック・ギターによるフォーキーなロックンロールと、フォーク・ミュージックのクロース・ハーモニーを融合させたスタイルで、「Bye Bye Love」、「Wake Up Little Susie」、「All I Have to Do Is Dream」、「Bird Dog」、「Problems」などのヒット曲を連発した。優れたメロディーとハーモニーの調和から成る独創的なロックンロール・スタイルは、ザ・ビートルズや、ザ・ビーチ・ボーイズ、サイモン&ガーファンクル、ザ・ビー・ジーズ、ザ・ホリーズといった、のちのロック・ミュージシャンにに多大な影響を与えたと言われている。1960年にはWARNER BROS.レーベルに移籍し、兄弟自作による「Cathy's Clown」や、ブリルビルディングの名ポップ作曲家陣が書き下ろした「Walk Right Back」、「Crying In The Rain」といったポップ・ナンバーでヒットを残した。1973-1983年の間はそれぞれがソロ活動をし、1983-2006年の間には再結成して活動している。



>>>この商品に関連しそうなレコードを探してみる

販売価格
1,200円(税込)
購入数
お問い合わせお買い物ガイド会員ログインメルマガ特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー