販売価格 2,600円 送料510円〜送料表
☆9千円以上で送料無料
(アクセサリー類を除く)
☆平日13時までの代引き
注文は即日発送
・お取り置き可(一ヶ月以内)
ポイント 130ポイント
購入数

このエントリーをはてなブックマークに追加

THE RONETTES ■ BABY, I LOVE YOU / MISS JOAN AND MR. SAM







 試聴 Listen(実際の商品から録音しています。使用針:Shure M44-7)




PHILLESレーベル及び、60年代のガールズポップを代表するニューヨーク出身の黒人ガールズ・ポップ・グループ/ザ・ロネッツが、1963年にUS PHILLESレーベルからリリースしたシングルで、フィル・スペクター・プロデュースにより、全米ポップチャートで最高24位を記録したグループの代表作品のひとつです。

● BABY, I LOVE YOU ●


エリー・グリニッチ&ジェフ・バリーが書き下ろした作品で、前ヒット作「Be My Baby」のフォローアップとなる至極メロディアスな楽曲を、シェールやダーレン・ラヴらが参加したコーラスに乗せて、ロニー・スペクターのリードヴォーカルが愛くるしく歌う60's ガールズ・ポップ・ナンバー!

バッキングはもちろんレッキング・クルーによる演奏で、ハル・ブレインのドラムスを筆頭に、暴力的にまでドラスティックさを増したサウンドが力強く迫る、究極かつ本物の<ウォール・オブ・サウンド>・レコードです。

ビルボードが選ぶ「100・グレーテスト・ガール・グループ・ソングス・オブ・オール・タイム」のリストでは第56位に選定されています。

ザ・ロネッツは1961年から1963年の間にCOLPIXレーベルで録音を残していましたが、成功しなかった為、ロネッツはCOLPIXレーベルとの契約が終了し、1963年初頭にフィル・スペクターのPHILLESレーベルと契約しました。1963年8月の「ビー・マイ・ベイビー」は、アメリカのビルボードホット100で第2位まで上昇し、キャッシュボックスホット100では第1位になりました。これは、フィル・スペクターが熱望していた「ビー・マイ・ベイビー」の成功でした。

その後ロネッツはディック・クラークの全国の「キャラバン・オブ・スターズ」ツアーに出演する事になり、次回作である「ベイビー、アイ・ラヴ・ユー」のレコーディングにメンバー不在となる問題が発生しました。

しかしフィルス・ペクターは、リードシンガーであるロニー・ベネットのリードヴォーカルで「ベイビー、アイ・ラブ・ユー」を録音することを決め、ロネッツの他のメンバー、エステル・ベネットとネドラ・タリーは、ディック・クラークと共にツアーに出ました。ツアーにはロニーのいとこであるエレインが参加し、ロニーはカリフォルニアのゴールドスタースタジオで「ベイビー、アイ・ラブ・ユー」を録音しました。

他のロネッツはレコーディングに参加できなかったため、スペクターはダーレン・ラブ&ザ・ブロッサムズと、シェールをバッキング・ヴォーカルに起用し完成させました。またピアノの伴奏にはフィラデルフィアの名人レオン・ラッセルも参加しています。

「ベイビー、アイ・ラブ・ユー」は、1964年1月にイギリスで第11位になりました。そして、ロネッツはザ・ローリング・ストーンズのサポートアクトとしてイギリス・ツアーに出ています。

1969年にはアンディー・キムによるカバーが出され、全米ポップチャートで最高9位を記録しゴールドディスクを受賞しています。

[ Andy Kim - Baby I love you ]


1972年にイギリスのデイヴ・エドマンズがカバーを発表し、翌年にUKシングルチャートで最高8位のヒットとなっています。

[ Dave Edmunds - Baby I Love You ]


◇◇◇

● MISS JOAN AND MR. SAM ●


裏面は入魂のA面を強調する為に“穴埋め用”として制作された、フィル・スペクター作(?)によるインストゥルメンタル・ジャズ作品です。


Information
FormatsConditionOriginal?Music Genre
45rpm/7inchVG+/VG+/WOLUS OriginalGIRLS
Released YearLabelProducerSongwriter
1963PHILLES/118Phil SpectorPhil Spector, Jeff Barry & Ellie Greenwich
Chart PositionMatrix NumberKeywordNote
US Pop #24-45-R-10 50590 / 45-B S-7 5056660's Pops / Oldies / Wall of Soundアレンジ:Jack Nitsche, エンジニア:Larry Levive


レーベルに書き込みあり。

盤質は綺麗です。


About the Artist

アーティスト【ザ・ロネッツ】
ガールズ・ポップ・グループ。ヴェロニカ・ベネット(Veronica Bennett:後にロニー・スペクター(Ronnie Spector)に改名) と、彼女の姉妹のエステル・ベネット(Estelle Bennett)と、いとこのネドラ・トーリー(Nedra Talley)ら3人により、1961年頃にニューヨークで結成されたザ・ダーリング・シスターズ(The Darling Sisters)が前身となる。グループ結成後、間もなくザ・ロネッツ名義でCOLPIX, MAYレーベルと契約し、1963年までポップスの名人ステュ・フィリップス制作により数曲の録音を残した。その後に新進気鋭のプロデューサー/フィル・スペクターと出会い、彼が所有したPHILLESレーベルと契約に至る。1963年にリリースされた彼女達の1枚目のシングル「Be My Baby」はナショナルヒットを記録し、続く「Baby, I Love You」や「(The Best Part Of) Breakin' Up」、「Do I Love You?」、「Walking In The Rain」、「Born To Be Together」等を次々にヒットさせ、一躍同レーベルを代表する看板グループとして台頭した。同レーベルでは1966年まで合計8枚のシングルを残している。また、髪の毛を盛り上げた「ビーハイヴヘア」や、目を吊り上げる「アイライン」メイク、そして「タイトスカート」という、不良少女スタイルを売りにし、ファッションリーダーとしても影響力を持った。1960年代のガールグループを象徴する、アイコニックな存在として君臨し続ける名グループである。



>>>この商品に関連しそうなレコードを探してみる

販売価格
2,600円(税込)
購入数

You Might Also Like...


お問い合わせお買い物ガイド会員ログインメルマガ特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー