[検索文字]:THE BEATLES [検索結果]:109件 [並び順を変更] ・おすすめ順 価格順 ・新着順
    | 1-48 / 109 | 次へ >
1963年。全米ポップチャート4位。ブリティッシュ・ポップ界の巨匠トニー・ハッチがマーク・アンソニーの変名で書き下ろした作品で、オーケストラ・サウンドと女性コーラスで豪華に仕上げた60's ティーン・ポップ・クラシックス。本作はイギリスでのチャートアクションの方が米国よりも早く、それを耳にしたポール・マッカートニーが気に入り、本作をベースにザ・ビートルズの名曲「シー・ラヴズ・ユー」を作曲したという逸話が残されている重要作品です。盤質は概ね良好です。
500円(税込)


1963年。全米ポップチャート4位。ブリティッシュ・ポップ界の巨匠トニー・ハッチがマーク・アンソニーの変名で書き下ろした作品で、オーケストラ・サウンドと女性コーラスで豪華に仕上げた60's ティーン・ポップ・クラシックス。本作はイギリスでのチャートアクションの方が米国よりも早く、それを耳にしたポール・マッカートニーが気に入り、本作をベースにザ・ビートルズの名曲「シー・ラヴズ・ユー」を作曲したという逸話が残されている重要作品です。音質は概ね良好です。
500円(税込)


1959年 [OLDIES45/34] (VG/VG/DH) ビルボード64位、R&B2位。ロスコ自作によるアップテンポ・ナンバーを、シンプル&ミニマルに繰り出される独創的なリズムを奏でるバンドの演奏に乗せて、アタック強めの辛口ヴォーカルで歌う50's R&B・クラシックス!挙げればキリのない程にカバーが多い古典的名作で、特筆すべきはマジック・サム、ロイ・ヘッド&ザ・トレイツや、ジ・アンダーテイカーズ他、カバーも多いR&Bのスタンダードといえる一曲です。盤質は概ね良好です。
500円(税込)


1965年。全米ポップチャート5位/UKシングルチャート1位。レノン=マッカートニーが作詞作曲をしており、ザ・ビートルズにとって最初期のドラッグ・ソングとしても知られる作品です。ブルース形式の楽曲をベースにしているので、R&B調のギターリフが力強く響く60's ロック・クラシックス!裏面も全米ポップ/UKシングルチャートで最高1位となった両A面シングルで、邦題を「恋を抱きしめよう」として知られる作品です。レーベルにかるい擦れと書き込みあり。音質は概ね良好です。
800円(税込)


1965年 [CAPITOL/5407] (VG/VG/RW/WOL) ビルボード1位。映画『ヘルプ!』と、アルバム『ヘルプ!』に収録。1965年の2月15日にロンドンのEMIスタジオで録音されたこのトラックは、ドローンの取り込みを通じて、ビートルズの作品の進歩を示したと言われています。「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」で394位に選定されました。裏面もビルボード46位。ビートルズの最も複雑で不協和な3パートボーカルハーモニーを特徴の一部とします。音質は概ね良好です。
800円(税込)


1963年 [CAMEO/280] (VG/VG/SOL) 全米ポップチャート4位。ブリティッシュ・ポップ界の巨匠トニー・ハッチが書き下ろした作品で、オーケストラ・サウンドと女性コーラスで豪華に仕上げた60's ティーン・ポップ・クラシックス。本作はイギリスでのチャートアクションの方が米国よりも早く、それを耳にしたポール・マッカートニーが気に入り、本作をベースにザ・ビートルズの名曲「シー・ラヴズ・ユー」を作曲したという逸話が残されている重要作品です。盤質は概ね良好です。
800円(税込)


1966年 [CAPITOL/5715] (VG/VG(-)/RW) ビルボード11位、英国1位。主にロックンロールやポップ志向のアクトから、より実験的なスタジオベースのバンドとしてのビートルズへ変容を続けました。ジョージ・マーティンによる二重弦楽四重奏のアレンジと孤独についての物語を綴る歌詞により、「エレノア・リグビー」は、音楽的にも叙情的にも、それまでのポピュラー音楽の慣習とは一線を画しました。裏面はビルボード2位、英国1位の両A面シングルです。音質は概ね良好です。
800円(税込)


1965年 [APPLE/5407] (VG(+)/VG/WOL) ビルボード1位。映画『ヘルプ!』と、アルバム『ヘルプ!』に収録。1965年の2月15日にロンドンのEMIスタジオで録音されたこのトラックは、ドローンの取り込みを通じて、ビートルズの作品の進歩を示したと言われています。「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」で394位に選定されました。裏面もビルボード46位。ビートルズの最も複雑で不協和な3パートボーカルハーモニーを特徴の一部とします。盤質は概ね良好です。
1,000円(税込)


1961年 全米ポップチャート17位。マリジョン・ウィルキンとケント・ウェストベリーによって書かれた楽曲を、ワルツのリズムに乗せて、エルヴィス・プレスリー風のヴォーカルで歌う60's フィメール・ロックンロール・クラシックス!ファズトーン・ギターをフィーチャーした最初のロックンロール・レコードとしても知られる作品で、他にもブルース・ハープや、コーラスといったアレンジが光る名作です。初期のザ・ビートルズ等がカバーしています。盤質はほぼ良好です。
1,000円(税込)


1963年 [CAMEO/1070] (VG(+)/VG(+)) 全米ポップチャート4位。ブリティッシュ・ポップ界の巨匠トニー・ハッチがマーク・アンソニーの変名で書き下ろした作品で、オーケストラ・サウンドと女性コーラスで豪華に仕上げた60's ティーンポップ。イギリスでのチャートアクションの方が米国よりも早く、それを耳にしたポール・マッカートニーが気に入り、本作をベースにザ・ビートルズの名曲「シー・ラヴズ・ユー」を作曲したという逸話が残されています。盤質はほぼ良好です。
1,000円(税込)


1970年 [APPLE/2832] (VG(+)/VG(+)) フィル・スペクター・プロデュースによる作品です。ビルボード1位、英国1位。曲のメインレコーディングは1969年1月に行われ、まばらなアレンジメントが施された状態でした。これらのセッションのテープは、プロデューサーのフィル・スペクターによってオーケストラと合唱のオーバーダビングが追加されました。ブライアン・ウィルソンは「ビートルズのお気に入りの曲」であると語っています。盤質は概ね良好です。
1,200円(税込)


1965年 [APPLE/5498] (VG++/VG++/WOL) ビルボード53位、「イエスタデー」は恋愛関係の崩壊について歌われた憂鬱なバラードです。彼女は、彼が何かを言った為に彼女が去る前に、彼と彼の愛が一緒だった昨日を懐かしく嘆き悲しむものです。マッカートニーのボーカルとアコースティックギターは、弦楽四重奏と共に、本質的にマッカートニーの最初のソロパフォーマンスとして作られました。これまでに2,200バージョン以上のカバーバージョンが録音された人気曲です。CS付き。盤質は綺麗です。
1,200円(税込)


1966年 [SMASH/2041] (VG(+)/VG(+)) 全米ポップチャート5位 邦題「いとしのルネ」。マイケル・ブラウン、ボブ・カリリー、トニー・サンソーンによって書かれた曲で、バンドのベーシストのトム・フィンの恋人についての歌です。当時のヒット曲でザ・ビートルズの「ミシェル」があり、同様にフランスの女性名前「ルネ」を選んだそうです。ローリングストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では220位に選定されています。盤質はほぼです。
1,200円(税込)


1967年。全米ポップチャート3位。ホーンサウンドが入る軽快なロック・サウンドと、明るいコーラスで仕上げた60'sポップ・ロック・ナンバー!愛真っ最中で高揚する気持ちを歌った曲で、「ああ僕はラッキーな男だ 君にはなぜだか分かるだろう 彼女は僕の元を離れようとはしないんだ」と浮かれた感じの歌詞が、明るい曲調とマッチした名作。盤質はほぼ良好です。
1,200円(税込)


1961年 全米ポップチャート17位。マリジョン・ウィルキンとケント・ウェストベリーによって書かれた楽曲を、ワルツのリズムに乗せて、エルヴィス・プレスリー風のヴォーカルで歌う60's フィメール・ロックンロール・クラシックス!ファズトーン・ギターをフィーチャーした最初のロックンロール・レコードとしても知られる作品で、他にもブルース・ハープや、コーラスといったアレンジが光る名作です。初期のザ・ビートルズ等がカバーしています。盤質はニアミント美品です。
1,200円(税込)


1966年 [CAPITOL/5715] (VG/VG) ビルボード11位、英国1位。主にロックンロールやポップ志向のアクトから、より実験的なスタジオベースのバンドとしてのビートルズへ変容を続けました。ジョージ・マーティンによる二重弦楽四重奏のアレンジと孤独についての物語を綴る歌詞により、「エレノア・リグビー」は、音楽的にも叙情的にも、それまでのポピュラー音楽の慣習とは一線を画しました。裏面はビルボード2位、英国1位の両A面シングルです。盤質は覆ね良好です。
1,200円(税込)


1962年 [SMASH/1731] (VG(+)/VG(+)) 全米ポップチャート3週連続1位/R&Bチャート2位/UKシングルチャート2位。有名なハーモニカ奏者のデルバート・マクリントンをフィーチャーしており、著名なリフを生んだのと、レイ・トーレスが演奏するドラムスを特徴としています。ジョン・レノンはザ・ビートルズの「ラブ・ミー・ドゥ」と、その後の「プリーズ・プリーズ・ミー」で、デルバート・マクリントン本人から習った本作からハーモニカのリフを応用しています。盤質はほぼ良好です。
1,200円(税込)


1965年 [SPAR/740] (VG/VG) ナッシュビル出身のカントリー・シンガー、ソングライター/ボビー・ラッセルが結成したバンド。1956年にチャック・ベリーが発表した同名作品のカバーで、ザ・ビートルズのバージョンをお手本にしたロックバージョン!B級感のあるビートル・マニア作品ながらパーティーバンドとしてのノリはあり、フラットロックとしてお薦めです。裏面はボビー作によるビートロックです。音質は概ね良好です。
1,200円(税込)


1957年 [ATCO/6087] (VG(+)/VG(+)/RW) ビルボード3位、R&B1位。ジェリー・リーバーとマイク・ストーラーが書いた曲です。リードシンガーのボーカリスト/ビリー・ガイは生々しくしつこい調子でワイルドに歌います。曲をドライブするのは、2つの緊張感のあるピアノのリズムでで、ベースノートは1秒おきに交互に鳴ります。ポール・マッカートニーは「無人島レコード」の1つとして本作を選びました。裏面もR&B8位の名作を配した2サイダー名盤。盤質は概ね良好です。
1,200円(税込)


1957年 [PHILLIPS INTERNATIONAL/3519] (VG+/VG+/RW) ビルボード2位、R&B1位、グラミー受賞、英国11位。トワングギターのエフェクトを使用した最初のロックンロールソングの1つでした。ロカビリー調のインストルメンタル・ナンバーで、哀愁の漂うメロディーをギターとサックスが奏でる50年代インスト・ロックンロールのマスターピース!14歳のジョージ・ハリソンがジョン&ポールの為に演奏し、ビートルズ入りのきっかけとなった事も重要なロック史における名作です。盤質は良好です。
1,200円(税込)


1963年。全米ポップチャート4位。ブリティッシュ・ポップ界の巨匠トニー・ハッチがマーク・アンソニーの変名で書き下ろした作品で、オーケストラ・サウンドと女性コーラスで豪華に仕上げた60's ティーン・ポップ・クラシックス。本作はイギリスでのチャートアクションの方が米国よりも早く、それを耳にしたポール・マッカートニーが気に入り、本作をベースにザ・ビートルズの名曲「シー・ラヴズ・ユー」を作曲したという逸話が残されている重要作品です。盤質は良好です。
1,200円(税込)


1970年。全米ポップチャート3位/UKシングルチャート2位。この曲は英語の古い曲の「スリー・ブラインド・マイス」と、リッチー・バレットのR&B「サム・アザー・ガイ」と同じコード進行を用いており、それをフィル・スペクター独自の“ウォール・オブ・サウンド”の手法で仕上げられた作品です。スタジオミュージシャンには、ビリー・プレストン、ジョージ・ハリスン、オノ・ヨーコ他が参加しています。レーベルに書き込みあり。盤質は綺麗です。
1,200円(税込)


1968年 [WHITE WHALE/276] (VG(+)/VG(+)) 全米ポップチャート6位。「エレノア」は「ハッピー・トゥゲザー」のパロディーであり、保守的なレコード会社へのメッセージの意味があったそうです。変わった和音や奇妙で愚かな歌詞を乗せ、非常に歪んだ作品を作りましたが、その意図に反して、レコード会社の人間は明るいサウンドの「エレノア」を気に入ったそうです。1960年代の米国ロックを語る上では外せない、オールディーズとしてもクラシックな60's ロックの名作です。盤質はほぼ良好です。
1,200円(税込)


1970年 [APPLE/1437] (NM/NM) ビルボード53位、「イエスタデー」は恋愛関係の崩壊について歌われた憂鬱なバラードです。彼女は、彼が何かを言った為に彼女が去る前に、彼と彼の愛が一緒だった昨日を懐かしく嘆き悲しむものです。マッカートニーのボーカルとアコースティックギターは、弦楽四重奏と共に、本質的にマッカートニーの最初のソロパフォーマンスとして作られました。これまでに2,200バージョン以上のカバーバージョンが録音された人気曲です。PS付き。盤質はニアミント美品です。
1,200円(税込)


1963年 [VEE-JAY/581] (VG(-)/VG(-)) ビルボード3位。ロイ・オービソンや、ビング・クロスビーに感化され、ジョン・レノンが書いた曲で、ジョンは最初にブルージーでスローテンポの曲として考えていました。「ラヴ・ミー・ドゥ」をフォローアップした形でジョンのハープをフィーチャーし、疾走感のある軽快なロックンロールへと変貌を遂げた初期ビートルズ・クラシックス!「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では184位に選定されています。音質は概ね良好です。
1,400円(税込)


1964年 [CAPITOL/5150] (VG/VG/SOL/TROL) ビルボード1位。「シー・ラヴズ・ユー」〜「アイ・ウォント・トゥ・ホールド・ユア・ハンド」のヒットに続けてリリースされた勢いのある作品で、ストレートなロックンロール・ナンバーとなった初期のビートルズ・クラシックス!裏面はビルボード7位。ウィルソン・ピケット等のR&B音楽に影響を受け、そこに根ざしたブルース形式を導入して、あからさまに耳障りさを強調したハードエッジな形成がなされています。CS付き。盤質は概ね良好です。
1,400円(税込)


1968年 [WHITE WHALE/276] (VG+/VG+) 全米ポップチャート6位。「エレノア」は「ハッピー・トゥゲザー」のパロディーであり、保守的なレコード会社へのメッセージの意味があったそうです。変わった和音や奇妙で愚かな歌詞を乗せ、非常に歪んだ作品を作りましたが、その意図に反して、レコード会社の人間は明るいサウンドの「エレノア」を気に入ったそうです。1960年代の米国ロックを語る上では外せない、オールディーズとしてもクラシックな60's ロックの名作です。盤質は良好です。
1,400円(税込)


1962年 [SMASH/1731] (VG+/VG+) 全米ポップチャート3週連続1位/R&Bチャート2位/UKシングルチャート2位。有名なハーモニカ奏者のデルバート・マクリントンをフィーチャーしており、著名なリフを生んだのと、レイ・トーレスが演奏するドラムスを特徴としています。ジョン・レノンはザ・ビートルズの「ラブ・ミー・ドゥ」と、その後の「プリーズ・プリーズ・ミー」で、デルバート・マクリントン本人から習った本作からハーモニカのリフを応用しています。盤質は良好です。
1,400円(税込)


1964年 [CAPITOL/5371] (VG/VG(+)) ビルボード1位。アルバム『ビートルズ・フォー・セール』でリリースされました。歌は1964年10月6日に2つのセッション中に録音され、最終的なアウトロは、10月18日に別々に録音されました。完成した曲には、別のビートルズの最初の曲が組み込まれ、フェードインで始まります。トラックはフェードインで始まり、この技術がポップスタジオの録音で使用されたのは初めての事であります。裏面はビルボード39位。CS付き。盤質は概ね良好です。
1,400円(税込)


1957年 [BRUNSWICK/9-55009] (VG(-)/VG(-)/RW) 全米ポップチャート1位/R&Bチャート2位。少人数編成のバンド・スタイルで奏でるキャッチーな3コードは、ザ・ビートルズ他のバンド・スタイルのロックンロールに強い影響を与えており、それまでのハードなロカビリー/ロックンロール・サウンドとは異なり、キャッチーなロックンロール・サウンドで新境地を開いた名作です。「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では第39位に選定されています。若干チリノイズが出ます。
1,400円(税込)


1963年。全米ポップチャート4位。ブリティッシュ・ポップ界の巨匠トニー・ハッチがマーク・アンソニーの変名で書き下ろした作品で、オーケストラ・サウンドと女性コーラスで豪華に仕上げた60's ティーン・ポップ・クラシックス。本作はイギリスでのチャートアクションの方が米国よりも早く、それを耳にしたポール・マッカートニーが気に入り、本作をベースにザ・ビートルズの名曲「シー・ラヴズ・ユー」を作曲したという逸話が残されている重要作品です。PS付き。盤質は概ね良好です。
1,400円(税込)


1967年 [WHITE WHALE/244] (VG(+)/VG(+)) 全米ポップチャート3週連続1位。ゲイリー・ボナーとアラン・ゴードンが書き下ろした作品で、本作がザ・タートルズに提供される前には、レコード会社で十数回拒否され、デモ録音されていたアセテート盤は擦り切れていました。マイナー調の旋律から、華やいだ調子の明るいアップテンポに転調するメロディー展開が見事で、チップ・ダグラスのアレンジメントによるバッキングも素晴らしい60's ロック・クラシックス!盤質は概ね良好です。
1,400円(税込)


1958年 [CHESS/1683] (VG(-)/VG(-)/RW/SOL) ビルボード2位、R&B1位、英国16位。1955年にベリーが吹き込んでいた「ザ・リトル・ガール・フロム・セントラル」のアップグレード版です。16歳をモチーフにしたチャック自作によるウィットな楽曲を、軽快なチャックズ・ビートに乗せた50's ロックンロール・クラシックス!ザ・ビーチ・ボーイズの「サーフィン・U.S.A」の元ネタとしても知られている一曲です。裏面もロックンロール名作2サイダー盤です。音質は概ね良好です。
1,400円(税込)


1957年 [PHILLIPS INTERNATIONAL/3519] (NM/NM) ビルボード2位、R&B1位、グラミー受賞、英国11位。トワングギターのエフェクトを使用した最初のロックンロールソングの1つでした。ロカビリー調のインストルメンタル・ナンバーで、哀愁の漂うメロディーをギターとサックスが奏でる50年代インスト・ロックンロールのマスターピース!14歳のジョージ・ハリソンがジョン&ポールの為に演奏し、ビートルズ入りのきっかけとなった事も重要なロック史における名作です。盤質はニアミント美品です。
1,400円(税込)


1957年 [ATCO/6087] (VG+/VG+) ビルボード3位、R&B1位。ジェリー・リーバーとマイク・ストーラーが書いた曲です。リードシンガーのボーカリスト/ビリー・ガイは生々しくしつこい調子でワイルドに歌います。曲をドライブするのは、2つの緊張感のあるピアノのリズムでで、ベースノートは1秒おきに交互に鳴ります。ポール・マッカートニーは「無人島レコード」の1つとして本作を選びました。裏面もR&B8位の名作を配した2サイダー名盤。盤質は良好です。
1,400円(税込)


1965年。ボーンズ・ハウ・プロデュースにより、全米ポップチャートで最高8位を記録したグループの代表作品です。1964年にボブ・ディランが発表した作品のカバーで、バンド・サウンドでアップテンポにアレンジされた60's ロック・クラシックス。裏面はイギリスのザ・キンクスに影響を受けたと思われる、ハードな演奏が印象的なガレージ・ロック・ナンバー!CS付き。レーベルにかるい擦れあり。盤質はニアミント美品です。
1,400円(税込)


1958年 全米ポップチャート最高1位。邦題「会ったとたんに一目惚れ」。フィル・スペクターが作詞作曲をしたメロディアスな楽曲を、ゴールド・スター・スタジオで録音したバッキングに乗せて、アネット・クラインバードの美声ヴォーカルが伸びやかに歌う50's ティーンポップ・クラシックスです。フィル・スペクターは本作の録音の為に、75ドルを演奏料/スタジオ使用料として支払い、大成功を収めたというアメリカンドリームな物語もある名作!盤質は概ね良好です。
1,400円(税込)


1964年にUS AMYレーベルからリリースしたシングルです。ジミー・ジョーンズのポップR&B・ヒット「Handy Man」のカヴァーで、ハードなロック・サウンドをバックに、熱っぽいボーカルで歌い上げる60'sロッカー!ポップだった原作のイメージを覆す、男っぽくてカッコいい仕上がりとなったグッド・バージョンです。盤質は良好です。
1,400円(税込)


1967年。全米ポップチャート2週連続1位/UKシングルチャート3位。ザ・ビートルズの「Lucy in the Sky with Diamonds」に対抗したタイトルが特徴的な作品で、ジョン・フレッドらが作詞作曲をしたポップでキャッチーなメロディーの楽曲を、通常のバンドの演奏に加え、ジャジーなブラス・セクションや、シタールやストリングス等で派手やかに仕上げた60's ポップ&ロック・クラシックス!CS付き。レーベルにかるい擦れあり。盤質はニアミント美品です。
1,400円(税込)


1961年 [MGM/13213] (VG/VG) ザ・ビートルズが、イギリス人歌手/トニー・シェリダンのバックとして録音した作品で、ドイツの全国チャートで32位、全国ジュークボックスチャートで11位、地元のハンブルクのチャートで4位のヒットを記録しています。アメリカでは1964年にUS MGMレーベルからリリースされています。スコットランド民謡「アイ・ボニー」のカバーで、初期のザ・ビートルズの演奏が疾走感のあるリズムを奏でるロックンロール・ナンバー!CS付き。盤質は概ね良好です。
1,400円(税込)


1964年。全米ポップチャート39位。「我々はビートルズを愛しています」という、ストレートなザ・ビートルズ・アンセムで、ブロードウェイ・ミュージカル「バイ・バイ・バーディ」の挿入曲「ウィー・ラヴ・ユー・コンラッド」を基にしたキャッチーなポップ・ナンバーです。UK ACEレーベル編集によるV.Aコンピレーション・アルバム『Beatlemaniacs!!!』にも収録されており、チャート作品という事もあり、ビートル・マニア曲としては定番の名作!レーベルにかるい擦れあり。盤質は良好です。
1,600円(税込)


1963年 [SWAN/4152] (NM/NM) 全米ポップチャート1位。ボビー・ライデルのヒット「フォーゲット・ヒム」からインスピレーションを受けて始まった、とポール自身は述べています。ジョン・レノン&ポール・マッカートニー作によるストレートなロックンロール・ナンバーで、勢いのある演奏に乗せ、勢いのあるコーラスでハモる初期のファブフォー・クラシックス!「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」で64位に選定されました。盤質はニアミント美品です。
1,600円(税込)


1958年 [DORE/503] (VG(+)/VG/RW) 全米ポップチャート1位。邦題「会ったとたんに一目惚れ」。フィル・スペクターが作曲したメロディアスなバラードを、ゆったりとしたリズムとコーラスに乗せて、アネット・クラインバードの美声ヴォーカルが伸びやかに歌う50's ティーンポップ・ナンバー!ザ・ビートルズによるカバーで、後年さらに有名になった名曲です。裏面はアップテンポのロックンロール・ナンバーです。レーベルにシールとかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。
1,600円(税込)


1957年 [CHESS/1671] (VG(+)/VG/RW) ビルボード8位、R&B6位。ベリーの最も人気のある永続的な作品の1つとして認識されています。特にザ・ビートルズ、ザ・ビーチ・ボーイズによるバージョンはチャートヒットにもって有名になりました。ローリングストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では第128位と高順位に選定されています。歌はまた、ロックンロールの殿堂が選ぶ「ロックンロールを形成した500曲」に含まれています。盤質は概ね良好です。
1,600円(税込)


1960年。全米ポップチャート42位。1960年代に“ツイスト”同様に流行した、“シミー”というダンスをモチーフにしたダンス・ナンバーで、跳ねたリズムに荒っぽいヴォーカル+コーラスが乗った60's R&B・ナンバー!初期のザ・ビートルズも取り上げた他、ザ・カイザーズもカバーしており、ロックンロール・ファンの方にもオススメな一曲であります。裏面は「働きすぎ」をモチーフにした、痛快なアップテンポのR&Bとなる2サイダー盤です。盤質は良好です。
1,600円(税込)


1957年 [ATCO/6087] (NM/NM) ビルボード3位、R&B1位。ジェリー・リーバーとマイク・ストーラーが書いた曲です。リードシンガーのボーカリスト/ビリー・ガイは生々しくしつこい調子でワイルドに歌います。曲をドライブするのは、2つの緊張感のあるピアノのリズムでで、ベースノートは1秒おきに交互に鳴ります。ポール・マッカートニーは「無人島レコード」の1つとして本作を選びました。裏面もR&B8位の名作を配した2サイダー名盤。盤質はニアミント美品です。
1,600円(税込)


1962年 [TOLLIE/9008] (VG-/VG-/RW/SOL) 1964年にビルボード1位。ジョン・レノンとポール・マッカートニーによる共作とされており、ブルース・チャンネルのヒット曲「ヘイ、ベイビー」をアレンジし、同様のハープをフィーチャーして仕上げた作品です。1962年9月11日、ジョージ・マーティンはリンゴ・スターのドラムにも満足しなかったことから、再度録音する事を決定し、セッション・ミュージシャンのアンディ・ホワイトがドラムを演奏し、リンゴはタンバリンを叩いています。音質は概ね良好です。
1,600円(税込)


1962年 [DIMENSION/1002] (VG(+)/VG(+)/RW) 全米ポップチャート17位/R&Bチャート6位。ジェリー・ゴフィン&キャロル・キングが書き下ろしたキャッチーな楽曲を、コール&レスポンスのゴスペル・コーラスで重厚に仕上げた60's ガール・ポップス・クラシックス!イギリスのシングルチャートでも最高50位を記録しており、ザ・ビートルズがジョージ・ハリソンのリードで取り上げていた事でも知られる名作です(アルバム『Please Please Me』に収録)。盤質は概ね良好です。
1,600円(税込)


    | 1-48 / 109 | 次へ >
お問い合わせお買い物ガイド会員ログインメルマガ特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー