[検索文字]:感傷 OLDIES [検索結果]:12件 [並び順を変更] ・おすすめ順 価格順 ・新着順
    | 1-12 / 12 |    
1959年にUS SHADレーベルからリリースしたシングルで、全米ポップチャートで最高9位を記録したグループの代表作品です。感傷的なメロディーのバラードを、力強いヴォーカル+コーラスでハモるホワイト・ドゥーワップ・ナンバー。後半になるにつれ、リードヴォーカルとコーラスの絡みが、徐々に白熱していく展開に思わず息を呑む名作です。サウンドの面では古くとも、「ロック・バラード」としての、すでに体を成す名作だと思います。レーベルに擦れあり。音質は両面共に概ね良好です。
300円(税込)


1959年にUS SHADレーベルからリリースしたシングルで、全米ポップチャートで最高9位を記録したグループの代表作品です。感傷的なメロディーのバラードを、力強いヴォーカル+コーラスでハモるホワイト・ドゥーワップ・ナンバー。後半になるにつれ、リードヴォーカルとコーラスの絡みが、徐々に白熱していく展開に思わず息を呑む名作です。サウンドの面では古くとも、「ロック・バラード」としての、すでに体を成す名作だと思います。レーベルに薄い擦れあり。盤質は概ね良好です。
1,000円(税込)


1962年 [VALIANT/6026](VG(-)/VG-/SOL/RW) 全米ポップチャート3位。邦題「悲しき雨音」。リード・ボーカルのジョン・ガモーが作詞作曲をした作品です。恋人と別れた後に後悔の念に駆られる男性が、雨に答えを要求する内容で、結局彼は雨の音色を聞きながら一人で泣く事を求める、という内容の作品です。ペリー・ボトキンJr.のアレンジャーとしての手腕が発揮された60's ポップスの名作です。カバーが多いポピュラーミュージックのスタンダードと言えます。音質は概ね良好です。
1,000円(税込)


1956年 [RCA VICTOR/47-6643] (VG(+)/VG(+)) ビルボード1位、R&B3位。ローリングストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」437位。1861年の南北戦争時代にジョージ・R・プールトン&W.W.フォスディックによって書かれた「Aura Lee」という感傷的な曲をベースに、妻のベラ・マットソンとプレスリーが歌詞を乗せました。甘くセクシーなボーカルで歌い上げるエヴァーグリーンなラヴソングの名作です。CS付き。盤質は概ね良好です。
1,000円(税込)


1962年 [ABC PARAMOUNT/10336](VG(+)/VG(+)) 全米ポップチャート3位。ゲイリー・ジェルド&ピーター・アデルが書き下ろした曲で、日本でも有名となり邦題「涙のくちづけ」としても知られる様になった名作です。ジ・エヴァリー・ブラザーズの影響を感じさせるメランコリックな楽曲を、感傷的なボーカルで歌い上げるティーンポップ・クラシックス。ボビー・ヴィントンや、ザ・レターメンによるカバーも有名となった作品であります。盤質はほぼ良好です。
1,200円(税込)


1962年。全米ポップチャート3位。邦題「悲しき雨音」。リード・ボーカルのジョン・ガモーが作詞作曲をしたメランコリックなバラード作品で、恋人と別れた後に後悔の念に駆られる男性が、雨に答えを要求する内容で、結局彼は雨の音色を聞きながら一人で泣く事を求める、という内容の作品です。ペリー・ボトキンJr.のアレンジャーとしての手腕が発揮された60's ポップスの名作です。カバーが多いポピュラーミュージックのスタンダードと言えます。盤質は概ね良好です。
1,200円(税込)


1962年 [ABC PARAMOUNT/10336](VG++/VG++) 全米ポップチャート3位。ゲイリー・ジェルド&ピーター・アデルが書き下ろした曲で、日本でも有名となり邦題「涙のくちづけ」としても知られる様になった名作です。ジ・エヴァリー・ブラザーズの影響を感じさせるメランコリックな楽曲を、感傷的なボーカルで歌い上げるティーンポップ・クラシックス。ボビー・ヴィントンや、ザ・レターメンによるカバーも有名となった作品であります。盤質は綺麗です。
1,400円(税込)


1962年。全米ポップチャート3位。邦題「悲しき雨音」。リード・ボーカルのジョン・ガモーが作詞作曲をしたメランコリックなバラード作品で、恋人と別れた後に後悔の念に駆られる男性が、雨に答えを要求する内容で、結局彼は雨の音色を聞きながら一人で泣く事を求める、という内容の作品です。ペリー・ボトキンJr.のアレンジャーとしての手腕が発揮された60's ポップスの名作です。カバーが多いポピュラーミュージックのスタンダードと言えます。盤質はほぼ良好です。
1,400円(税込)


1962年 [VALIANT/6026](VG+/VG+) 全米ポップチャート3位。邦題「悲しき雨音」。リード・ボーカルのジョン・ガモーが作詞作曲をした作品です。恋人と別れた後に後悔の念に駆られる男性が、雨に答えを要求する内容で、結局彼は雨の音色を聞きながら一人で泣く事を求める、という内容の作品です。ペリー・ボトキンJr.のアレンジャーとしての手腕が発揮された60's ポップスの名作です。カバーが多いポピュラーミュージックのスタンダードと言えます。盤質は良好です。
1,600円(税込)


1956年 [RCA VICTOR/47-6643] (VG/VG) ビルボード1位、R&B3位。ローリングストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」437位。1861年の南北戦争時代にジョージ・R・プールトン&W.W.フォスディックによって書かれた「Aura Lee」という感傷的な曲をベースに、妻のベラ・マットソンとプレスリーが歌詞を乗せました。甘くセクシーなボーカルで歌い上げるエヴァーグリーンなラヴソングの名作です。CS付き。盤質は概ね良好です。
1,800円(税込)


1959年にUS SHADレーベルからリリースしたシングルで、全米ポップチャートで最高9位を記録したグループの代表作品です。感傷的なメロディーのバラードを、力強いヴォーカル+コーラスでハモるホワイト・ドゥーワップ・ナンバー。後半になるにつれ、リードヴォーカルとコーラスの絡みが、徐々に白熱していく展開に思わず息を呑む名作です。サウンドの面では古くとも、「ロック・バラード」としての、すでに体を成す名作だと思います。盤質は綺麗です。
1,800円(税込)


1959年にUS SHADレーベルからリリースしたシングルで、全米ポップチャートで最高9位を記録したグループの代表作品です。感傷的なメロディーのバラードを、力強いヴォーカル+コーラスでハモるホワイト・ドゥーワップ・ナンバー。後半になるにつれ、リードヴォーカルとコーラスの絡みが、徐々に白熱していく展開に思わず息を呑む名作です。サウンドの面では古くとも、「ロック・バラード」としての、すでに体を成す名作だと思います。盤質は綺麗です。
2,200円(税込)


    | 1-12 / 12 |    
お問い合わせお買い物ガイド会員ログインメルマガ特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー