[検索文字]:GENE CHANDLER [検索結果]:10件 [並び順を変更] ・おすすめ順 価格順 ・新着順
    | 1-10 / 10 |    
1965年 [COLLECTABLES/3482] (NM/NM/RI) ビルボード69位、R&B2位。カーティス・メイフィールドが書いた曲で、1962年にジーン・チャンドラーがVEE-JAYレーベルに録音したバージョンが最初です。1965年、シカゴのリーガル劇場で行われたライブバージョンで、アルバム『Live At The Regal』からのシングルカットです。オリジナルのシングルとは異なり、シングル片面に約5分のフルバージョンとして収録されています。CS付き。盤質はニアミント美品です。
300円(税込)


1962年 [VEE-JAY/511] (NM/NM/WOL/DJ) ザ・テンプテーションズが1961年に吹き込んだ同名作品のカバーです。原作は全国区でのヒットではありませんでしたが、デトロイト周辺でローカルヒットしていたので、それを耳にしてのカバーであると推測されます。ティーチョ・ウィットシャイアの指揮による軽快な演奏に、テンプス風のコーラスが入る60's R&B・ナンバー!チャンドラーの透明感のあるボーカルも絶妙にマッチした初期シカゴソウル作品です。プロモ盤。盤質はニアミント美品です。
1,600円(税込)


1962年 [VEE-JAY/440] (VG+/VG+/RW) 「デューク・オブ・アール」のフォローアップ曲です。チャ・チャ・チャのリズムを強調したダンスビートとドゥーワップ・コーラスで仕上げており、フォローアップ作品にしては、なかなかの上質さで聴かせてくれる内容となっております。フォローアップ曲というのは、概ねヒット曲の亜種となる場合が多いので、本作で聴ける凝った編曲には風光明媚なものがあります。コーラスの巧みさはドゥーワップとしても大変に素晴らしい。盤質は良好です。
1,600円(税込)


1964年 [CONSTELLATION/189] (NM/NM) ビルボード19位、R&B4位。カーティス・メイフィールドが作詞作曲をしており、ジョニー・ペイトが編曲を担当しています。ジャン・ブラッドリーやメジャー・ランスのヒットに続く作品ながら、それまでのポップソングやダンス曲とは明らかに一線を画す内容で、厳かでありソウルミュージックとしての深みを増した記念すべき作品です。ジ・インプレッションズがお好きな方には大推薦となるシカゴソウルの傑作であります。盤質はニアミント美品です。
1,600円(税込)


1965年 [CONSTELLATION/146] (VG+/VG+) ビルボード92位、R&B40位。ジ・インプレッションズのカーティス・メイフィールドが作詞作曲をした曲を、同じくインプレッションズのアレンジャーだったジョニー・ペイトが編曲しました。「みんなで踊ろう」というパーティーソングを、上質なオーケストラ+R&Bサウンドで仕上げた60's シカゴソウル良好作品!ヨーロッパ方面ではノーザンソウルといよりかは、ポップコーンオールディーズとして人気がある様子です。盤質は良好です。
1,600円(税込)


1962年。全米ポップチャート49位/R&Bチャート25位。MOTOWNのメアリー・ウェルズのヒット曲「You Beat Me To The Punch」へのアンサーソングで、原曲のメロディーやアレンジをそのまま用い、歌詞の内容を返答形式にして歌ったアーリー・シカゴソウルの名作!裏面はカーティス・メイフィールドとのコラボレーション作品となる2サイダー盤です。盤質は概ね良好です。
1,800円(税込)


全米チャート71位/R&Bチャート17位。ジ・インプレッションズのカーティス・メイフィールドが作曲したメロウな楽曲を、ジョニー・ペイトのアレンジメントによるスピリチュアルなサウンドに乗せたアーリー・シカゴ・ソウルの名作!UK KENTレーベル編集によるV.Aコンピ『Birth Of Soul Volume 2』にも収録。盤質は概ね良好です。
1,800円(税込)


1965年 [CONSTELLATION/146] (VG++/VG++) ビルボード92位、R&B40位。ジ・インプレッションズのカーティス・メイフィールドが作詞作曲をした曲を、同じくインプレッションズのアレンジャーだったジョニー・ペイトが編曲しました。「みんなで踊ろう」というパーティーソングを、上質なオーケストラ+R&Bサウンドで仕上げた60's シカゴソウル良好作品!ヨーロッパ方面ではノーザンソウルといよりかは、ポップコーンオールディーズとして人気がある様子です。盤質は綺麗です。
1,800円(税込)


1961年 [VEE-JAY/2172] (VG++/VG++) ビルボード1位、R&B1位。ザ・デュケイズによる練習用の楽曲に由来します。グループは、さまざまなキーで「Do do do do ...」を歌って定期的にウォームアップしていました。ある時、チャンドラーは彼が歌っていた音節を、伯爵の名前に変更し、コーラスは次第に「Du..du..du..Duke of Earl」という特に意味のない言葉になり、デュケイズはこの曲を完成させました。カバーも多い名曲中の名曲!盤質は綺麗です。
2,400円(税込)


1963年。ニューヨーク録音と思われる都会的なアップタウン・サウンドに、美声ボーカルが明るく響くアーリーソウル・ナンバー!COLPIXやWAND/SCEPTERレーベルがお好きな方にもオススメの上質なR&Bです。裏面は同年にジョニー・ナッシュが吹き込んだ作品のカバーで、こちらも原作に負けず劣らず素晴らしい内容のアーリーソウル曲です。レーベルに破れ。盤質はニアミント美品です。
2,600円(税込)


    | 1-10 / 10 |    
お問い合わせお買い物ガイド会員ログインメルマガ特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー