[検索文字]:50's R&R ブルース カバー [検索結果]:51件 [並び順を変更] おすすめ順 ・価格順 ・新着順
< 前へ | 49-51 / 51 |    
1956年 [RCA VICTOR/447-0608] (VG(+)/VG(+)/RW) 全米ポップチャート1位/R&Bチャート3位。ウィリー・メエ・“ビッグ・ママ”・ソーントンが1952年にPEACOCKレーベルに吹き込んだ同名ブルースのカバーで、8ビートのリズムを取り入れる事により、原作よりも洗練されたアップテンポで仕上がったロックンロール・クラシックス!裏面も全米ポップチャートで最高2位/R&Bチャートで最高1位を記録した名作「冷たくしないで」のカップリングです。CS付き。盤質は概ね良好です。
1,000円(税込)


1958年 [DOT/15664] (VG(+)/VG(+)/RW) 全米ポップチャートで最高47位を記録したワンヒット・ワンダーです。ライトニン・ホプキンス、もしくは、フランキー・リー・シムズあたりのテキサス・ブルースの影響を感じさせる、泥臭くレイジーな演奏に、豪快に歌うボーカルが乗った50's ロックンロール・クラシックス!全体的にR&B色が濃いので、R&Bファンの方にもお薦めです。また「ヘンリエッタ」は、ボブ・ディランが購入した最初のレコードとしても知られています。盤質は概ね良好です。
1,400円(税込)


1957年 [SUN/267] (VG(+)/VG(+)/WOL/RW) 全米ポップチャート3位/R&Bチャート2週連続1位/カントリーチャート1位/英国シングルスチャート8位。1955年にビッグ・メイビルが吹き込んだ同名ジャンプブルースのカバーで、日本では邦題「陽気にやろうぜ」としても知られる様になった作品です。原作よりもアップテンポのアレンジで、ブギウギのリズムに乗せて、ワイルドなボーカルで「Shake, Shake it up baby!」を歌うロックンロール・クラシックス!盤質は概ね良好です。
2,200円(税込)


< 前へ | 49-51 / 51 |    
お問い合わせお買い物ガイド会員ログインメルマガ特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー