[検索文字]:ブライアン・ウィルソン [検索結果]:56件 [並び順を変更] おすすめ順 ・価格順 ・新着順
    | 1-48 / 56 | 次へ >
全米ポップ31位/UKシングル29位。ブライアンの構想にあった「ビーチボーイズ流のR&Bアルバム」用に書き下ろしたスティーヴィー・ワンダー風の楽曲を、カールがソウルフルに歌った名作。
500円(税込)


1964年。タイトルにもなったこのプロジェクトの代表作品「Hey Little Cobra」と、初期のヒット作「Here I Stand」の2曲を中心に、「Gone」といった秀逸なオリジナルナンバーの他に、ザ・ビーチ・ボーイズや、ジャン&ディーンのカバー等を全12作品収録した60's ボーカル・サーフ・ポップ・アルバム!ザ・ビーチ・ボーイズ本家にも認められた、ブルース・ジョンストンの才能が存分に発揮された名盤です。モノラル盤。盤質/良好です。カヴァー/概ね良好な保存状態です。
2,800円(税込)


1996年US<Capitol>編集CD。1966年の名盤「Pet Sounds」のモノラル&ステレオ・バージョン他、バッキングや、ボーカル+コーラスのみ等を収録したビッグ・プロジェクト!
3,800円(税込)


1993年US<Capitol>編集CD。1961年からスタートし現在までの全キャリアの中から、ヒット曲/重要曲の他、未発表音源等を織り交ぜたアンソロジー的ベスト・アルバムです。
4,800円(税込)


1970年 [APPLE/2832] (VG(+)/VG(+)) フィル・スペクター・プロデュースによる作品です。ビルボード1位、英国1位。曲のメインレコーディングは1969年1月に行われ、まばらなアレンジメントが施された状態でした。これらのセッションのテープは、プロデューサーのフィル・スペクターによってオーケストラと合唱のオーバーダビングが追加されました。ブライアン・ウィルソンは「ビートルズのお気に入りの曲」であると語っています。盤質は概ね良好です。
1,200円(税込)


1964年 [COLPIX/729] (VG++/VG+/SOL) 全米ポップチャート38位。ジェリー・ゴフィン&キャロル・キングが作詞作曲をした楽曲を、キャロル・キングのアレンジメントに乗せた60's ガール・ポップス・クラシックス。同年に、イギリスのザ・ハーマンズ・ハーミッツがデビュー曲として取り上げており、そちらは世界的に大ヒットしている名曲であります。キャロル・キングは作曲に関して「ブライアン・ウィルソンに触発された」と語っています。盤質は綺麗です。
1,800円(税込)


全米ポップ61位/UKシングル33位。ロックンローラー アーセル・ヒッキー (Ersel Hickey) ('57-) のカヴァーで、バブルガム・ポップ風のキャッチーなロックでアレンジした名作。
500円(税込)


1964年。全米ポップチャート6位。1963年のアルバム『Little Deuce Coupe』からのシングルカット作品で、ブライアンが作詞作曲をした楽曲に、ザ・ハニーズによるチアリーディング風のコーラスを織り交ぜたポップ・ナンバー!裏面は全米ポップチャート23位を記録した両面ヒット盤です。ブライアン・ウィルソン&ゲイリー・アッシャーが共作をした美しいポップ・バラードです。CS付き。レーベルにかるい擦れとシールと書き込みあり。盤質は概ね良好です。
1,800円(税込)


全米ポップ47位/UKシングル25位。ワルツのリズムに乗せたメロディアスな楽曲を、繊細なコーラスでアレンジし、カールのリードが力強く歌うビーチボーイズ・クラシックス。
500円(税込)


1964年 [CAPITOL/5245] (VG/VG/RW) ビルボード9位。チェンバロの音色を用いており、それまでの<サーフ&ホットロッド>の定型にはまらない美しいスタイルで仕上げた、ザ・ビーチ・ボーイズの新境地といえるポップ・ナンバーです。ブライアンとマイクが交互にリードを取るスタイルに、繊細なハーモニーが覆いかぶさるコーラスワークも絶品な名作であります。裏面はゴージャスなプロダクションかつ、甘酸っぱいコードの変化とハーモニーが洗練されている名作です。音質は概ね良好です。
1,400円(税込)


1958年 [DELUXE/6093] (NM/NM/WOL) 全米ポップ11位、R&B5位。キャッシー・カーのカバーです。キャッシー・カーのバージョンに倣ったワルツのリズムをベースに、繊細なコーラスを織り交ぜた50's ドゥーワップ・クラシックス。ブライアン・ウィルソンのジュークボックスの選曲をまとめ、2012年に発売されたV.Aコンピ『Brian Wilson's Jukebox』に挿入されており、ブライアンのフェイバリットレコードの一枚だった事も近年判明しています。盤質はニアミント美品です。
1,600円(税込)


1962年 [CAPITOL/16041] (NM/NM) ビルボード49位。ブライアン・ウィルソンとゲイリー・アッシャーと伝統的な子供の韻に基づいて作詞作曲された作品で、1962年8月8日にキャピトルスタジオで録音されました。アメリカの民謡「10人のインディアン」を改作したキャッチーな楽曲を、明るくタイトなロックンロール・サウンドで仕上げたビーチボーイズ初期作品!裏面の「カントリー・フェア」のメロディーは、後に「アイ・ドゥ」という歌にリサイクルされました。PS付き。盤質はニアミント美品です。
1,000円(税込)


1963年。テリー・メルチャー・プロデュースで全米ポップチャート15位を記録。厚みのあるサウンドにメロディアスな楽曲が乗ったポップ・ソングで、ここで注目すべきはジャック・ニッチェによるアレンジメントで、ラテンのチャ・チャ・チャのリズムに、聖歌隊風&ドゥーワップ風のコーラスを多用した煌びやかなサウンドが特徴的です。CS付き。盤質は概ね良好です。
1,800円(税込)


1962年にUS ERAレーベルからリリースしたシングルで、全米ポップチャートで最高21位を記録したグループの代表作品です。ザ・レターメンに影響を受けたと思われる洗練されたハーモニーと、フル・ストリングス・オーケストラ・サウンドが絶妙にマッチしたポップ・コーラス・バラード・ナンバー。背伸びした青年期の瑞々しさと、大人びた雰囲気の落ち着きが調和した60'sポップスの名作です。裏面はヤングなドゥーワップ調のアップテンポ・ポップスです。盤質はニアミント美品です。
1,400円(税込)


1963年 [COLUMBIA/4-42687] (VG++/VG++/WOL) 全米ポップチャート51位。ウェイド・フレモンズのカバーです。曲中で聴ける印象的なギターは、グレン・キャンベルによるものです。アレンジメントはジャック・ニッチェが担当しており、ラテンのリズムを強調した重厚なサウンドに、聖歌隊風のコーラスと、ドゥーワップ風のコーラスを散りばめて煌びやかさも出しています。オールディーズ的ポップス感が素晴らしい名作です。CS付き。盤質は綺麗です。
2,200円(税込)


1963年 [COLUMBIA/4-42687] (VG/VG/RW/TROL) 全米ポップチャート51位。ウェイド・フレモンズのカバーです。曲中で聴ける印象的なギターは、グレン・キャンベルによるものです。アレンジメントはジャック・ニッチェが担当しており、ラテンのリズムを強調した重厚なサウンドに、聖歌隊風のコーラスと、ドゥーワップ風のコーラスを散りばめて煌びやかさも出しています。オールディーズ的ポップス感が素晴らしい名作です。CS付き。音質は概ね良好です。
1,400円(税込)


1964年 [MERCURY/72324] (VG++/VG++/DH) 全米ポップチャート9位。ザ・ビーチ・ボーイズのカバーで、本家のザ・ビーチ・ボーイズからブライアン・ウィルソン、そしてカート・ベッチャー、グレン・キャベル、リッチー・バーンズら錚々たる面子がセッションに参加している60's ヴォーカル・サーフ・ポップス・クラシックス!裏面も見逃せない完全2サイダー盤で、こちらはゲイリー・アッシャー&ロジャー・クリスチャンが共作をしたホット・ロッド・ナンバーです。CS付き。盤質は綺麗です。
1,600円(税込)


1965年 [CAPITOL/5395] (VG+/VG(+)) 全米ポップチャート1位。ブライアン・ウィルソンが書いた歌で、1965年3月にアルバム『ザ・ビーチ・ボーイズ・トゥデイ』で初めてリリースされました。ドラムのハル・ブレインやベースギターのキャロル・ケイなど、ザ・レッキング・クルーのメンバーが演奏するR&B調の軽快なシャッフル・リズムに乗せて、初めてリードをとったアル・ジャーディンのボーカルを、洗練されたコーラスが支える60's ポップス&ロック・クラシックス!PS付き。盤質は良好です。
2,600円(税込)


1965年 [CAPITOL/5561] (VG(+)/VG(+)) ビルボード2位。アルバム『ビーチ・ボーイズ・パーティー』からシングルカットです。ザ・リージェンツが1961年にヒットさせた作品のカバーで、おそらく最も有名なカバーバージョンのひとつです。1965年9月23日にハリウッドにあるユナイテッドウエスタンレコーダースタジオで録音されました。ジャン&ディーンのディーン・トレンスが、ブライアン・ウィルソンと共にリードボーカルを務めています。盤質は概ね良好です。
1,400円(税込)


1958年 [CADENCE/1350] (VG(+)/VG(+)) ビルボード3位、カントリ1位、R&B2位。キャッチーなアップテンポ曲を、疾走感のある演奏に乗せた50's ロックンロール・クラシックス!音楽構造は、12小節ブルース構造と8小節ブルースコーラスを組み合わせた、比較的珍しいものであると評されています。裏面も大ヒットとなる両面ヒットです。美しいメロディーラインとハーモニーが絶妙に交差するフォークバラードの名曲です。盤質は概ね良好です。
1,000円(税込)


1964年 [CAPITOL/2160] (VG/VG+) 全米ポップチャート47位。ブライアン・ウィルソン、カール・ウィルソン、デニス・ウィルソン、アル・ジャーディンらが書いた曲で、1968年3月13日にスタジオで録音されました。ブライアン・ウィルソンは、「「フレンズ」はワルツを生かし続けるのに良い方法だった。カールは以前に歌っていた。今、彼はこのカットをヘビーなボーカルパフォーマンスで先頭に立った」。裏面は全米ポップチャート47位を記録した2サイダー盤です。CS付き。音質は概ね良好です。
1,200円(税込)


1958年 [CHESS/1683] (VG(-)/VG(-)/RW/SOL) ビルボード2位、R&B1位、英国16位。1955年にベリーが吹き込んでいた「ザ・リトル・ガール・フロム・セントラル」のアップグレード版です。16歳をモチーフにしたチャック自作によるウィットな楽曲を、軽快なチャックズ・ビートに乗せた50's ロックンロール・クラシックス!ザ・ビーチ・ボーイズの「サーフィン・U.S.A」の元ネタとしても知られている一曲です。裏面もロックンロール名作2サイダー盤です。音質は概ね良好です。
1,400円(税込)


1964年 [LIBERTY/55672] (VG(+)/VG/RW) 全米ポップチャート8位。ブライアン・ウィルソン、アーティ・コーンフェルド、ロジャー・クリスチャン、ジャン・ベリーによって書かれた作品です。ロサンジェルスのノース・ウィッティアー・ドライヴにある急なカーブ=通称“魔のカーブ”をモチーフに、公道レースをモチーフにしたホットロッド・ナンバーです。裏面もブライアン・ウィルソンらが書いた、極上のボーカル・サーフ・ポップスとなる完全2サイダー!盤質は概ね良好です。
1,400円(税込)


1965年 [CAPITOL/5395] (NM/NM) 全米ポップチャート1位。ブライアン・ウィルソンが書いた歌で、1965年3月にアルバム『ザ・ビーチ・ボーイズ・トゥデイ』で初めてリリースされました。ドラムのハル・ブレインやベースギターのキャロル・ケイなど、ザ・レッキング・クルーのメンバーが演奏するR&B調の軽快なシャッフル・リズムに乗せて、初めてリードをとったアル・ジャーディンのボーカルを、洗練されたコーラスが支える60's ポップス&ロック・クラシックス!CS付き。盤質はニアミント美品です。
1,800円(税込)


1967年。全米ポップチャート19位/UKシングルチャート11位。1964年にブライアンが手がけ、シャロン・メアリーが録音したバラード「Thinkin' Bout You Baby」のリメイクで、バラードだった原曲をアップテンポで蘇らせた60'sロック・ナンバー!ここではカール・ウィルソンのソウルフルなリードが味わえます。海外ではサンシャイン・ポップとしても評価されており、V.Aコンピ『Chartbusters USA: Sunshine Pop』に収録された。レーベルに書き込みあり。盤質は良好です。
1,800円(税込)


1964年 [CAPITOL/5306] (VG+/VG+) ビルボード8位。ブリティッシュ・インベーションに対抗する力作で、前ヒット作「ファン、ファン、ファン」〜「アイ・ゲット・アラウンド」と続くロックンロール・ナンバー!スタジオミュージシャンであるザ・レッキング・クルーに演奏を依頼したパーフェクトなバッキングに、ザ・ビーチ・ボーイズのコーラスをオーバーダビングして仕上げた60's ボーカル・サーフ・ポップです。!裏面はブライアン+マイク・ラヴ共作のバラードです。CS付き。盤質は良好です。
2,200円(税込)


1966年 [CAPITOL/15441] (VG(+)/VG(+)/SOL) アルバム『ペット・サウンズ』のリードシングル作品です。ビルボード3位、英国2位。原曲はバハマ・ナッソーの民謡です。1960年代半ばのグループで最も成功した録音の1つであり、当時の他のポップミュージックには見られなかった精巧なアカペラボーカルセクションが含まれています。2011年には、ローリングストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」で276位にランクされました。CS付き。盤質は概ね良好です。
1,000円(税込)


1966年 [CAPITOL/5602] (VG+/VG(+)/WOL/SOL) アルバム『ペット・サウンズ』のリードシングル作品です。ビルボード3位、英国2位。原曲はバハマ・ナッソーの民謡です。1960年代半ばのグループで最も成功した録音の1つであり、当時の他のポップミュージックには見られなかった精巧なアカペラボーカルセクションが含まれています。2011年には、ローリングストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」で276位にランクされました。PS付き。盤質は良好です。
2,400円(税込)


前ヒット作の「Surf City」をフォローアップしたザ・ビーチ・ボーイズ風のハーモニー・ポップス!ホノルルをモチーフにした作品だけに、エキゾチックなギター・ソロも登場してきます。
1,200円(税込)


1963年 [LIBERTY/55641] (VG+/VG+/WOL/RW) ビルボード10位。ジャン・ベリー、ロジャー・クリスチャン、ブライアン・ウィルソンによって書かれた曲で、ベリーとウィルソンが共同執筆した「サーフ・シティ」のフォローアップ作品です。ドラッグレースストリップをモチーフにした曲で、ザ・ビーチ・ボーイズ風のコーラスを盛り込んだ60's ボーカルサーフポップス!ザ・レッキング・クルーによる演奏も素晴らしく、迫力ある排気音のSEが曲の勢いを加速させる名作です。盤質は良好です。
1,400円(税込)


全米ポップ11位。前ヒット作の「Surf City」をフォローアップした、正調“ザ・ビーチ・ボーイズ”風の初期サーフ・ポップ!エキゾチックなギターソロも入るアレンジです。裏面はザ・フォー・シーズンズ風のポップスでユニークです。CS付。レーベルに擦れ。盤質はニアミント美品です。
1,400円(税込)


グループが一時的に再結成した83年の作品です。アルバム「Ecstasy」からのシングル・カットで、80'S サウンド全開のモダン・ポップス良好作品です。
1,000円(税込)


“ザ・ビーチ・ボーイズ”をオマージュした60'sサーフ・ミュージック+夏向けゴールデン・ポップス特集!レア・サーフ・チューンと夏曲オールディーズを絶妙ブレンド!
1,000円(税込)


1981年日本LIBERTY。LIBERTYレーベルでのヒット曲の数々を中心に、初期のジャン&アーニー期のヒット曲等も収録したオールタイム・ベスト・アルバム!ブライアン・ウィルソンも尊敬したロサンジェルス・ポップ・ミュージック・シーンの先輩であり、60年代初頭にはザ・ビーチ・ボーイズと双璧を成した極上のボーカル・サーフ・ポップの軌跡を知る充実盤です。ステレオ盤。盤質/ニアミント美品です。カヴァー/良好です。
1,000円(税込)


全米ポップ12位/UKシングル8位。ジョージ・ガーシュウィンに影響をうけた深い造詣の歌詞世界を、様々な音を重ね合わせて、複雑なコーラスでハモる上質な60'S ポップスです。
500円(税込)


1963年 [COLUMBIA/4-42921] (VG(+)/VG) 全米ポップチャート4位。フォード社の車種“コブラ”をモチーフにしたホットロッド・ナンバーで、ジャン&ディーンの「サーフ・シティー」風のロックンロールを、ザ・ビーチ・ボーイズ風のコーラスで仕上げた60's ボーカル・サーフ・ポップス・クラシックス!ザ・ビーチ・ボーイズをイミテートした作品の中では、バッキング、コーラス共に上質で、ジャン&ディーンのプロジェクトにも並ぶ名作です。CS付き。盤質は概ね良好です。
1,400円(税込)


1965年 [CAPITOL/5540] (VG+/VG(+)/WOL) 全米ポップチャート20位。メロディセクションの合間にストップ&スタートが数秒続く、いくつかの劇的な沈黙の期間が編曲としてあり、それは「カリフォルニア・ガールズ」等のやや進歩的な作品と、『ペット・サウンズ』と「グッド・バイブレーション」でブライアン・ウィルソンが取り組んだ、当時の飛躍との間を仮想でリンクする作品であると評価されています。ジョン・レノンは好意的なレビューをしています。CS付き。盤質は良好です。
1,600円(税込)


全米ポップ103位/UKシングル2位。カントリー・ロック調のアレンジに爽快なコーラスが入り、アル・ジャーディンがリードで歌うビーチボーイズ・クラシックス。
500円(税込)


1958年 [CHESS/1683] (VG+/VG+/RW) ビルボード2位、R&B1位、英国16位。1955年にベリーが吹き込んでいた「ザ・リトル・ガール・フロム・セントラル」のアップグレード版です。16歳をモチーフにしたチャック自作によるウィットな楽曲を、軽快なチャックズ・ビートに乗せた50's ロックンロール・クラシックス!ザ・ビーチ・ボーイズの「サーフィン・U.S.A」の元ネタとしても知られている一曲です。裏面もロックンロール名作2サイダー盤です。盤質は良好です。
2,400円(税込)


1966年 [CAPITOL/5602] (VG+/VG(+)/WOL/SOL) アルバム『ペット・サウンズ』のリードシングル作品です。ビルボード3位、英国2位。原曲はバハマ・ナッソーの民謡です。1960年代半ばのグループで最も成功した録音の1つであり、当時の他のポップミュージックには見られなかった精巧なアカペラボーカルセクションが含まれています。2011年には、ローリングストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」で276位にランクされました。盤質は良好です。
1,600円(税込)


1964年 [CAPITOL/15545] (VG-/VG-) 全米ポップチャート47位。ブライアン・ウィルソン、カール・ウィルソン、デニス・ウィルソン、アル・ジャーディンらが書いた曲で、1968年3月13日にスタジオで録音されました。ブライアン・ウィルソンは、「「フレンズ」はワルツを生かし続けるのに良い方法だった。カールは以前に歌っていた。今、彼はこのカットをヘビーなボーカルパフォーマンスで先頭に立った」。裏面は全米ポップチャート47位を記録した2サイダー盤です。音質は概ね良好です。
500円(税込)


1965年 [CAPITOL/5395] (VG(+)/VG/SOL/RW) 全米ポップ1位。ブライアン・ウィルソンが書いた歌で、1965年3月にアルバム『ザ・ビーチ・ボーイズ・トゥデイ』で初めてリリースされました。ドラムのハル・ブレインやベースギターのキャロル・ケイなど、ザ・レッキング・クルーのメンバーが演奏するR&B調の軽快なシャッフル・リズムに乗せて、初めてリードをとったアル・ジャーディンのボーカルを、洗練されたコーラスが支える60's クラシックス!盤質は概ね良好です。
1,400円(税込)


1964年全米ポップチャート3位。前ヒット作「Surf City」をフォローアップしたロックンロール・ナンバーで、“古い車を乗り回すお年寄り”を題材にしたユニークな楽曲を、ザ・ビーチ・ボーイズ風のコーラスで仕上げた作品です。バッキングの演奏はザ・レッキング・クルーが担当しており、ザ・ビーチ・ボーイズのオマージュ=ヴォーカル・サーフ・ポップスとしては本物に迫る素晴らしい完成度となった名作であります。裏面も上質なザ・ビーチ・ボーイズのオマージュ作品です。盤質は綺麗です。
1,400円(税込)


1966年 [CAPITOL/5602] (VG/VG) アルバム『ペット・サウンズ』のリードシングル作品です。ビルボード3位、英国2位。原曲はバハマ・ナッソーの民謡です。1960年代半ばのグループで最も成功した録音の1つであり、当時の他のポップミュージックには見られなかった精巧なアカペラボーカルセクションが含まれています。2011年には、ローリングストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」で276位にランクされました。チリノイズが出ます。
500円(税込)


1967年 [CAPITOL/2028] (NM/VG++) 全米ポップチャート31位。ブライアン・ウィルソンとマイク・ラブによって書かれた歌です。歌の録音は、1967年9月26日にカリフォルニア州ベルエアにあるブライアン・ウィルソンのホームスタジオで開始され、ジム・ロッカートがセッション・エンジニアリングを担当しました。歌は1日でほぼ完全に録音されています。翌日、作業は再開され、ポール・タナーは、特注のエレクトロ・テルミンを他の仕上げのトラックにオーバーダビングしました。CS付き。盤質は綺麗です。
1,600円(税込)


1966年 [CAPITOL/5602] (VG+/VG+) アルバム『ペット・サウンズ』のリードシングル作品です。ビルボード3位、英国2位。原曲はバハマ・ナッソーの民謡です。1960年代半ばのグループで最も成功した録音の1つであり、当時の他のポップミュージックには見られなかった精巧なアカペラボーカルセクションが含まれています。2011年には、ローリングストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」で276位にランクされました。CS付き。盤質は良好です。
1,800円(税込)


1967年 [CAPITOL/2028] (VG+/VG(+)/SOL) 全米ポップチャート31位。ブライアン・ウィルソンとマイク・ラブによって書かれた歌です。歌の録音は、1967年9月26日にカリフォルニア州ベルエアにあるブライアン・ウィルソンのホームスタジオで開始され、ジム・ロッカートがセッション・エンジニアリングを担当しました。歌は1日でほぼ完全に録音されています。翌日、作業は再開され、ポール・タナーは、特注のエレクトロ・テルミンを他の仕上げのトラックにオーバーダビングしました。盤質はほぼ良好です。
1,400円(税込)


1965年 全米ポップチャート13位/R&Bチャート11位。作曲家/ビリー・ペイジが作詞作曲をしたモータウン風のポップ・ソウル作品で、バッキングの演奏はフィル・スペクターやブライアン・ウィルソンらが絶大な信頼を置いた、ロサンジェルスのスタジオ・ミュージシャンズ=ザ・レッキング・クルーが演奏を担当した力作です。同年にはシカゴのラムゼイ・ルイス・トリオがジャズでカバーしており、そちらも大ヒットを記録していますが、本作はそのオリジナル・バージョンであります。盤質はニアミント美品です。
1,800円(税込)


    | 1-48 / 56 | 次へ >
お問い合わせお買い物ガイド会員ログインメルマガ特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー