ホームEasy Listening [並び順を変更] ・おすすめ順 価格順 ・新着順
    | 1-11 / 11 |    
1962年。全米ポップチャート2位。1960年に公開された映画『エクゾダス』のテーマ曲のカバーで、繊細なタッチのピアノがメロディーを奏でるイージーリスニング・インストゥルメンタル作品です。ドン・コスタ楽団のフルオーケストラによる演奏がまた素晴らしく、曲の後半にかけて徐々に盛り上がる編曲がドラマチックに響く名作です。本作をお手本にしたカバーもあり、パット・ブーンによる歌詞付きバージョン「ジ・エクゾダス・ソング」等が知られています。盤質はほぼ良好です。
800円(税込)


1968年。全米ポップチャート2位。1966年にイタリアで制作された同名映画タイトル曲のカヴァーで、日本では邦題は「続・夕陽のガンマン 地獄の決闘」として知られる作品です。マカロニ・ウェスタン〜西部劇らしい、男っぽいロマンスと哀愁に溢れたサントラ曲の名作!ロック・バンド、ラモーンズがライヴのSEとして使っていたので、ロック・ファンにも知られる様になったインストゥルメンタル・ナンバーだと思います。レーベルにシールあり。盤質は概ね良好です。
800円(税込)


1968年。全米ポップチャート5週連続1位。1967年にルクセンブルグの歌手 ヴィッキー が歌った「L'amour Est Bleu」を、オーケストラでインストゥルメンタル・アレンジしたイージー・リスニング作品です。しっとりしたメロディーを奏でる、チェンバロの音色が悲しげに響く名作。邦題「恋はみずいろ」としても知られる、オールディーズのスタンダード・ナンバーです。裏面はボビー・ヘブのカバーで、こちらもイージーリスニングの好アレンジです。レーべルにかるい擦れあり。盤質はニアミント美品です。
800円(税込)


1960年にUS UNIVERSITYレーベルから発表したシングルで、全米ポップチャートで最高9位を記録した代表作品です。バディー・キレンが作曲したフロイド・クレーマー風のカントリーを、ピアノとアニタ・カー・シンガーズのコーラスで軽やかにアレンジしたイージーリスニング・ポップ・インストゥルメンタルの名作です。裏面はコーラスが入るロックンロール・インストゥルメンタルです。レーベルに小さく破れあり。盤質は良好です。
1,000円(税込)


1960年。全米ポップチャート2位/カントリーチャート11位。繊細なピアノがメロディーを奏で、美しいストリングスが情緒的に響くイージー・リスニング・インスト・ナンバーの名作。1972年にはコンウェイ・トゥイッティが歌詞をつけてカヴァーし、全米チャート1位の大ヒットとなった作品のオリジナル・バージョンです。他、スキーター・ディヴィスが「マイ・ラスト・デイト」という返答曲で歌詞付きカバーしています。盤質は概ね良好です。
1,000円(税込)


1964年にCOLPIXレーベルから発表したシングルで、アルバム「THE NEW INTERNS」(COLPIX/CP473)からのシングル・カットです。ロバート・コーン制作によるイージー・リスニングで、“ワトゥシ”をテーマにした民族系音楽です。日本の祭り太鼓にも聞こえる情熱的なパーカッションがエキゾチックなリズムを刻む、妙インスト・ナンバー!盤質は概ね良好です。
1,200円(税込)


1962年。全米ポップチャート22位。ヴィンス自作によるクラシック・ミュージック風の美しいメロディーを、スモールコンボによる演奏と、ジャジーなピアノで優美に仕上げたイージーリスニング・ジャズの名作。同年にはグラミーのベスト・オリジナル・ジャズ作曲賞を受賞した大作です。裏面は1959年の映画 「黒いオルフェ」のカヴァーです。盤質は良好です。
1,400円(税込)


全米ポップ10位/UKシングル5位。ビンス・ガラルディが1962年にヒットさせたジャズの名曲「風にまかせて」のカバーで、原作の完コピに近いジャズ・バンドによる演奏で力強くアレンジされた、こちらも名バージョン!裏面曲はラムゼイ・ルイス風です。レーベルにドリルホールあり。盤質はニアミント美品です。
1,400円(税込)


1958年。全米ポップチャート40位。ジャズの生演奏が聴ける“お洒落なバー”を舞台に、お酒を楽しむ男女に徐々に酔いが回り始め、大笑いと共に「美味しい!美味しい!」と掛け合うスーパー・ノヴェルティー・ソング!レコードの後半では、笑い上戸ぶりが半端ではない女性につられて、こちらまでも愉快になってくる癒し系作品としてもオススメです。裏面はラテン調のノヴェルティー・ソング2サイダー!レーベルにウォーターダメージとシールあり。盤質は綺麗です。
1,400円(税込)


映画「ジェイムス・ディーン物語」からのシングル・カットです。映画のメイン・テーマ曲で、ライト・オーケストラ・スタイルのイージー・リスニング作品です。Cool Item for James Dean Collector!
1,600円(税込)


1962年。ミュージカル・オペラ『ローズ・マリー』に挿入された「Indian Love Call」のカバーで、異国情緒漂うエキゾチックな編曲をバックに、サックスやフルートが美しくメロディーを奏でるポップ・インストゥルメンタル・バージョン!同時期にヒットしたアーニー・フリーマンのバージョンとはまた違った情緒のある、極楽ムードのイージーリスニング・インストゥルメンタル作品です。ポピュラーインスト曲と言えど、編曲の面でSKAのルーツとしても注目したい一曲であります。盤質はニアミント美品です。
1,800円(税込)


    | 1-11 / 11 |    
お問い合わせお買い物ガイド会員ログインメルマガ特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー